NK深谷工場 NK Fukaya PLANT

NK深谷工場概要

社会の求めるトレンドを予見し、最新の生産システムを構築。

東建コーポレーションの高耐震鉄骨造アパート「シェルルTPII」。シェルルTPIIは、東建グループの経験と技術の結晶とも言えるモダンスタイルのアパートで、高耐震・強構造が特長です。そのシェルルTPIIの生産の中核拠点が、このNK深谷工場です。NK深谷工場は、シェルルTPIIの主要部材である鉄骨や外壁などの生産のみにとどまらず、最新技術の研究開発も行なっています。

また将来的には、東日本地区における倉庫物流センターとしての役割や約10,000坪という広大な敷地を活用してモデル展示場、さらには、国内外からの半製品を仕上げる最終組立工場としての展開なども計画しています。

高いレベルでの品質マネジメントの証し、ISO9001を取得

生産本部生産管理課、千葉シスコ工場、出雲ダンタニ工場、NK深谷工場、シェルル神戸工場、ナスラック鎌倉工場は、品質管理の国際規格「ISO9001」を取得しています。満足度の高いサービスを継続的に提供できる組織管理が国際的に証明されました。今後もより高品質な部材の製造と供給に力を入れていきます。

工場プロフィール

NK深谷工場
アクセス⇒ 地図を印刷する場合はこちら
■お車でお越しの場合
関越自動車道 花園ICより約20分
■電車でお越しの場合
JR高崎線 籠原駅より徒歩約15分
敷地面積
33,000m2(約10,000坪)
建屋など面積
第1工場[高耐震鉄骨生産工場]
:7,230m2(約2,200坪)
第2工場[屋根パネル生産工場]
:1,730m2(約530坪)
第3工場[木製品 鋼管杭生産工場]
:2,300m2(約700坪)
立体倉庫
:2,600m2(約830坪)
事務所棟
:250m2(約76坪)
所在地
埼玉県深谷市幡羅町1-8-7

生産品目一覧

NK深谷工場で生産している品目は下表の通りです。

品目 解説
高耐震鉄骨 東建コーポレーションの高耐震・強構造アパート「シェルルTPシリーズ」向けの鉄骨部材を生産しています。
小屋パネル 部材メーカーから部材の仕入れを行ない、「小屋パネル(※)」を組み立てて、全国の建築現場に出荷しています。 ※「小屋パネル」とは、軒先パネル・垂木パネル・垂木受け・小屋妻下地などの総称で、屋根を構成する鉄骨の骨組みのことです。
木製品 ドアなどの室内建具や造作部材、腰壁パネルなどの木製品を生産しています。
キッチン ナスラックで販売しているキッチンの組み立てを行なっています。

シェルルTPIIショールーム

実際の建物に見てふれて、体感できるショールーム。

工場の優れた生産技術が活きる高耐震の次世代賃貸住宅シェルルTPII。ショールームではその高いクオリティや居住性をお確かめ頂けます。

2F 東建コーポレーションの「シェルルTPII」の間取りを家具付きでご覧頂けます。 1F ナスラックが生産している建材、水まわり商品などをご覧頂けます。

ヘリポートの紹介

スピード経営の実現

NK深谷工場は、広大な敷地を活かしてヘリポートを設置。グループ内外におけるフットワークを高め、業務のさらなる効率化を図っています。

ヘリポート