もっと素敵に もっと楽しく/ナスラック

アニメーション
  • 大
  • 中
  • 小

フィンランド視察団が弊社工場を訪問!

フィンランドの技術視察団が、弊社の「シェルル神戸工場」と「NK深谷工場」を訪問されました。
そのときの視察風景をご紹介します。

フィンランド視察団 視察風景

兵庫県神戸市のナスラック「シェルル神戸工場」へ、フィンランドの技術視察団が訪問し、生産ラインを視察されました。
今回の訪問は、シェルル神戸工場の溶接ロボットラインに強い関心を持たれた、フィンランド大使館からの見学要請により実現したものです。

フィンランド技術庁技術アドバイザーをはじめ、タンペレ工科大学教授、フィンランドの大手ゼネコン関係者らは、フルオートメーション化された工場内部を見学しながら熱心に質問をされていました。

工場視察後には、将来に向けた協調関係やコラボレーションの可能性について、弊社工場スタッフと活発な意見交換を行ないました。

また埼玉県深谷市のナスラック「NK深谷工場」へ、同じくフィンランドの技術視察団が訪問し、製造ラインを視察しました。これは先のシェルル神戸工場訪問によって、弊社独自の製造ラインへより強い関心を持たれたフィンランド大使館からの、再視察の要請により実現したものです。

フィンランド環境庁、フィンランド技術庁、大学教授やプレス関係者などおよそ40名の方が訪れ、溶接ロボットなどの最新鋭の技術や、環境にも配慮した製造ラインを真剣な面持ちで興味深く見学されていました。

フィンランド視察団の訪問は、弊社としても高い技術力を世界にアピールするための、絶好の機会となりました。

シェルル神戸工場を視察

東建グループが誇る高耐震鉄骨造の建築商品「シェルルシリーズ」の鉄骨部材の生産現場を視察されました。
シェルル神戸工場は、最新鋭のシステムによって、業務の効率化とともに製品における最高品質の標準化を実現しています。

シェルル神戸工場視察風景1 シェルル神戸工場視察風景2 シェルル神戸工場視察風景3 シェルル神戸工場視察風景4 シェルル神戸工場視察風景5 シェルル神戸工場視察風景6
シェルル神戸工場

シェルル神戸工場は、耐震建築向けの鉄骨部材の生産を担うナスラックの自社工場です。広い敷地を活かし、東建グループ西日本地区の物流拠点にもなっています。
鉄骨製品の加工はコンピューターシステムによる統合管理。
最新鋭のフルオートメーションラインにより、コストの管理及びスピードを重視した上で、高品質な製品を生産し続けて参ります。

工場の詳細を見る

NK深谷工場を視察

高耐震鉄骨造アパート・賃貸マンション「シェルルシリーズ」の鉄骨部材、屋根パネルや建物の基礎を支える鋼管杭、及び室内の内装建材などの木製品を製造現場を視察されました。
工場は、最新鋭のシステムによって、業務の効率化とともに製品における最高品質の標準化を実現した生産ラインです。

NK深谷工場視察風景1 NK深谷工場視察風景2 NK深谷工場視察風景3 NK深谷工場視察風景4 NK深谷工場視察風景5 NK深谷工場視察風景6
NK深谷工場

NK深谷工場は、高耐震鉄骨造アパート・賃貸マンション「シェルルシリーズ」の鉄骨部材、屋根パネルや建物の基礎を支える鋼管杭、及び室内の内装建材などの木製品を製造しています。
コンピューターシステムによって制御されたフルオートメーションラインやカチオン電着塗装設備など、最新鋭の生産設備を導入しております。

工場の詳細を見る

弊社が技術力に自信を持つ5工場の生産ネットワークは、フルオートメーションや製造ラインのシステム化などによって、高品質の製品を低コストで製造する仕組みを実現しています。その5工場のうちのふたつ、「シェルル神戸工場」と「NK深谷工場」がフィンランド技術視察団の視察を受けました。この視察はフィンランド大使館からの見学要請によって実現したものです。フィンランド環境庁をはじめ、技術庁、大学教授、大手ゼネコン関係者など、フィンランドの生産技術の中核をなすメンバーで構成された視察団。このことからは視察に訪れたフィンランド側の本気度も窺えます。世界でも注目される5工場生産ネットワークの技術力。ナスラックが皆様にお届けする商品の品質はこの技術力に裏付けられています。

ページの先頭へ