よくあるお問合せ集

シンク・ワークトップ(天板)など、キッチンまわりに関するお問合せにお答えします。

基礎知識(本体)

シンク(流し台)の表面仕上げの方法について教えて下さい。

ナスラックで取り扱っているシンク(流し台)の仕上げには、「ポリッシュシンク」と、「BAシンク」の2種類があります。

■ ポリッシュシンク
水あかがつきにくく、美しい艶があります。研磨による仕上げが施されています。
ポリッシュシンク
■ BAシンク(Bright Annealed)
表面は平滑で汚れがつきにくく、光沢があります。ステンレスの冷間加工(※1)後、光輝焼鈍(こうきしょうどん)(※2)されたシンク(流し台)です。
冷間加工:常温で行なう加工。 光輝焼鈍:光沢のある金属表面を保つため、金属やガラスなどを適当な温度に熱してから、ゆっくりと冷却する処理のこと。表面の酸化脱炭を防ぐ。
BAシンク(Bright Annealed)