よくあるお問合せ集

シンク・ワークトップ(天板)など、キッチンまわりに関するお問合せにお答えします。

トラブル・故障

ワークトップ(天板)・シンク(流し台)内に錆が発生しました。どうしたらいいですか?

ワークトップ(天板)・シンク(流し台)
ステンレスが錆びにくいのは、表面に薄い耐食性を持つ膜(不動態皮膜(※))があるからです。この膜の再生には酸素が必要ですが、これが妨げられたときに、錆が発生します。
また、鉄粉を主とした異種金属が付着すると、「もらい錆」をおこします。
錆が発生した際は、市販のステンレスクリーナーで錆を落とせば元通りの表面に戻ります。
それでも錆が取れない場合は、クリームクレンザーなどを布(水で濡らしたスポンジなど)につけ、ステンレスの目に沿って(目がないものは、一方の方向に向かって)磨きます。

不動態皮膜
腐食作用に対して抵抗する膜で、ステンレスに含有するクロムと空気中の酸素が結合してできる酸化被膜のこと。
不動態皮膜