プロシェルタープロシェルター 東建オリジナルの耐震リフォーム

耐震リフォーム「プロシェルター」で万全の対策を!

弊社独自の特許技術を用いた高耐力フレームを建物1階の外周に配置。それにより建物の耐震性を向上させる工法です。既存建物の外壁と一体化させる「壁併設タイプ」、バルコニーとしても利用できる「バルコニータイプ」があり、どちらも「壁倍率5」を確保しています。

バルコニータイプと壁併設タイプ ※バルコニータイプはデザイン・サイズが選べます。
壁倍率とは
地震の揺れに対する壁の強度を表します。数値が大きい程強い壁であることを示し、現在の建築基準法の最大値は「5」と定められています。

大規模な地震に見舞われた場合の建物が倒壊する大きな原因

大地震発生時、建物の補強がないと倒壊の恐れが!

建物の1階は上階の重さを支えるため、地震による被害が集中することが多い部分です。

プロシェルターによる、耐震補強
被害事例

1階の壁量が不足している所に耐力フレームを配置(1階の強度アップと壁配置の偏りの解消が目的)

大地震発生時、建物を補強していれば倒壊を防ぐことができる!

プロシェルターで耐震補強すると、大地震のときに建物の倒壊を防ぐことができます。

補強実例

※サイズ2,000タイプです。
プロシェルター設置実例

高耐力フレームで既存建物の耐震補強をする技術

実用新案登録証

高耐震・高強度アパート「シェルルTP」シリーズにも使用されている高耐力フレームを、建物外周に設置して既存建物の耐震補強をする技術、高耐力フレームの上部を梁によって既存建物の胴差と結び、バルコニーとしての利用もできる既存建物の耐震補強をする技術で、実用新案を取得しています。