シェルハウス安心と満足・耐震住宅で暮らすシェルハウス

優れた構造体

優れた耐震・耐久性を誇る構造体

構造耐力試験でも実証された確かな性能
地震による“ねじれ”現象を防ぐ「高耐力フレーム」と耐久性に優れた「鉄骨柱」をバランスよく組み合わせることで、万一の災害にも揺るがない安全性を実現しました。建築基準法で必要とされる構造強度の1.5倍を誇り、優れた耐震・耐久性を可能にしています。
高耐力フレーム
ブレースを内蔵した高耐力フレームで軸組み(柱)を支えます。地震の横揺れや台風の風がもたらす横方向の力を高耐力フレームで、地震の縦揺れや積雪などの縦方向の力は軸組み(柱)で受け止めます。
日本住宅性能表示制度で最高レベルの安全性を実現
構造耐力試験でも高い評価!
構造耐力試験でも高い評価!
住宅性能表示制度に定める「構造の安定」項目で最高レベルの安全性を実現。耐力試験装置による構造耐力試験(左写真)でも優れた性能が確認されています。
シェルハウスは、弊社の親会社東建コーポレーションの主力商品のひとつである「シェルルTPII」のノウハウを活かし設計されております。
※「シェルルTPII」は「アウトウォール工法」で特許、実用新案を取得した「日本住宅性能表示制度」最高等級3を誇る優れた耐震住宅です。
徹底的な防錆対策を施した構造部材耐用年数65年
柱・梁など主要な鉄骨、構造部分には防錆・高耐久性を持つリン酸亜鉛処理と、カチオン電着塗装による二重の徹底した防錆対策を施しています。この効果は国土交通省の大臣認定にて「耐用年数65年」の評価を取得。永く安心して住める家として、確かな信頼を得ています。
カチオン電着塗装 国土交通大臣特別評価方法認定書
基礎地盤補強費が軽減できる、高耐震重軽量鉄骨造
シェルハウスは高耐震重軽量の鉄骨造。軟弱地盤でも、在来の重量鉄骨造や鉄筋コンクリート造に比べ、基礎地盤補修費が削減できるので、ローコストでの建設が可能です。
不同沈下を防ぐ、鉄筋コンクリート連続布基礎
大きな力を基礎全体で分散して支えるため、一部だけに偏った力がかからず、建物が傾く原因となる不同沈下を防ぎます。圧縮力に強いコンクリートと引っ張る力に強い鉄筋の両方の長所を活かし、基礎部分にかかる力をバランスよく分散します。緻密な地盤調査に基づき、最適な基礎設計を行ないます。
鉄筋コンクリート連続布基礎
地盤改良1■地盤改良
基礎の底部に地盤硬化改良剤をいれ、基礎をしっかり支えます。
地盤改良2■柱状地盤改良
軟弱地盤においては、柱状に地盤を改良し、基礎直下を安定させます。
地盤改良3■杭打基礎
地中のもっとも固い支持層まで小口径鋼管杭を打ち、建物を支えます。