バリアフリーリフォームの注意点

高齢者にとって優しい住まいを実現するために、気をつけるポイントをご紹介します。

総合的な視点に立った検討
高齢者は様々な病気を持っていたり、手足など不自由な個所もそれぞれで、日常生活動作(ADL)の可動範囲も人によって異なります。
こうした状況と将来的な変化や、介護機器・介護サービスなど、総合的な視点に立って、検討する必要があります。
家族での十分な話し合いが大切
リフォームによって、日常生活が変化する場合もあります。
改修によって生活が不便にならないか、小さな子供がいる家では安全性に配慮されているかなど、高齢者の要望をしっかり聞くとともに、家族で十分話し合うことも大切なことです。
ケアマネージャーや理学療法士との連携
介護保険の場合には、リフォームプランをケアマネージャーや理学療法士、作業療法士、医師などに相談するようにしましょう。
心身機能の状態や能力をしっかり把握し、的確なアドバイスを受けた上でリフォームを考えることも重要です。ときには行政や地域にも働きかけて、最適なリフォームを実現するようにしましょう。
費用やデザインも考慮
費用やデザインも考慮一度に大がかりなリフォームをすると、莫大な費用がかかることもあります。そのため将来の変化を予測しながら、段階的に改修することもポイントです。
最終目標を見定めて、優先順位をつけながら徐々に改修していくことで、費用負担の分散ができます。
また手すりや常夜灯など機能性だけを追求するのではなく、デザインや利便性を考慮してバランスの良いリフォームを行ないましょう。
自治体や公共団体では、高齢者向け融資制度を制定しているところもあります。こうした制度を有効活用して、リフォームによる快適な暮らしをつくりましょう。
→ 詳しくは「高齢者向け融資制度の活用」へ

高齢者の身体機能別に見る住環境の対応

バリアフリーリフォームの設備やデザインを決める際は、下記のような点に注意することをおすすめします。

障害機能 身体的特徴 リフォームポイント
神経・筋肉系 ・身体のバランスが悪くなる
・脚や手指の力が弱くなる
・細かな動きが鈍くなる
・手すりの取り付け 
・段差の解消
・引き戸の採用 
・導線の短縮化
・腰掛けベンチの設置
・滑りにくい床材の採用
視覚・聴覚機能 ・物が見えにくくなる
・暗いところで見えにくくなる
・音が聞き取りにくくなる
・適正照明の採用
・壁などの配色を明るくする
・階段の緩勾配
・足下灯の設置
骨格系 ・脚力が弱くなる
・腰が曲がって高いところに手が届かなくなる
・歩幅が短くなる
・手すりの取り付け
・段差の解消
・階段の緩勾配
・照明スイッチの位置
心臓・血管系 ・激しい運動がしにくくなる
・寒暖への対応力が低下する
・疲れやすくなる
・暖房設備の充実
・導線の短縮化
・階段昇降機の設置
呼吸器系 ・激しい運動がしにくくなる
・空気の汚れが気になる
・導線の短縮化
・階段昇降機の設置
・空気清浄機の設置
腎臓・泌尿器系 ・トイレに行く回数が増える
・排泄機能が低下する
・トイレへの導線短縮化
・トイレの手すり取り付け
・適正な便器への取り替え
消化器系 ・消化機能が低下する ・トイレへの導線短縮化
その他 ・記憶力が低下する
・温冷への感覚が鈍くなる
・反応が鈍くなる
・電磁調理器の採用
・収納棚、飾り棚の取り付け