間取り変更(増築)リフォーム

ライフスタイルに合わせた間取り変更や増築リフォームについてご説明します。

間取り変更は、部屋の間仕切り壁を取り払ったり、位置を変えたりして、従来の間取りの一部を変更するリフォームです。キッチンの配置を変更して、ダイニングスペースをたっぷり取ったり、子どもの成長に合わせてひとつの子ども部屋を間仕切りして2部屋にしたりするなど、主にライフスタイルや生活環境の変化によって行なう場合が多いようです。
増築リフォームは、家族が増えたり、物が多くなって収納できない場合などに部屋を広げたり、増やしたりするリフォームです。

間取り変更リフォーム

「間取り変更リフォーム」は、間仕切り壁を取り払って大きな部屋にしたり、キッチンの配置を変更したりするなど、間取りを変更するリフォーム工事のことを言います。

【リフォーム事例】広々としたLDKリフォーム

Before
After
和室とDKを広々としたLDKにリフォーム。
壁がなくなったことで、開放的な部屋になりました。

リフォーム事例の間取り

和室を洋室に変更し、間仕切り壁を取り払って広いLDKにリフォームしました。日当たりが良く、開放的な部屋に変わりました。

間取り変更(増築)リフォームお役立ち情報

長い年月を経て生活スタイルが変容すると、住空間や間取りにも変化が出るものです。こうした変化に対応したリフォームや増築は、比較的大規模なものになるにもかかわらず、近年増加する傾向にあります。ここでは、間取り変更や住空間を広げるための増築における、基礎知識とポイントをご紹介します。

リフォームのポイントは「動線」と「視線」

「動線」と「視線」間取りを変更するなど大規模リフォームの際に、ポイントとなるのが「動線」と「視線」です。
リフォームによって広い空間を確保しても、移動する際の動線の効率が低下してしまうようでは、かえって暮らしにくくなってしまいます。リフォームを考える際には、玄関やキッチン、隣の部屋などへ移動する際の動線を、十分に配慮することが大切です。
また、障害物で視界が遮られ、開放感を損なうようではリフォームの効果が半減してしまいます。リフォーム後の家具の配置を考慮して、視線の動きにもこだわった配置にすると良いでしょう。その際、雑然としがちなキッチンを目隠しする工夫や収納についても工夫すると、すっきりとした印象になります。

間仕切りを工夫して部屋数を変更

「今は大きなワンルームの部屋が欲しいけれど、将来的には2つの独立した部屋として利用できれば理想的」という願いをかなえてくれるのが「間仕切り戸」です。この間仕切り戸を壁の中に収納できる引き戸にしておけば、ワンルームとして使うときにすっきりとした印象になります。また、間仕切り戸を吊り戸にしておくと、床にレールを敷く必要がなく、見た目にも美しくなります。ただし、吊り戸にする場合には、天井に強度が必要となります。

ラーメン構造のマンションは間取り変更が可能

ラーメン構造いずれはリフォームするという前提でマンションを購入する場合は、コンクリートの柱と梁で建物を支える「ラーメン構造」のマンションを選ぶと良いでしょう。
ラーメン構造のマンションは、ほとんどの間仕切り壁を取り除くことができるため、間取りの変更が簡単というメリットがあります。ただし、中途半端な位置に梁が通っていると、部屋の間仕切りを替えたときに不都合が起こる場合もあるので、リフォーム前にしっかりと確認しておきましょう。