地震対策の方法

1/2

自分や家族の生命を守る、身の回りの地震対策についてご紹介します。

地震対策の方法十分な耐震性能を持つ住宅を手に入れても、それだけで地震対策が完了というわけではありません。
家具や電気器具、調理器具などへの配慮で、いざ地震が起きた場合の被害状況が大きく変わってきます。大きな家具が倒れて出口を塞ぎ、避難することが困難になる場合もあるのです。
万一の地震発生時に、自分や家族の生命を守る地震対策として、まず身の回りの家具による被害を想定しておきましょう。そして、それらに対してどのような対策ができるかを確認しておくことが大切です。

これだけはやっておこう地震対策

家具を固定する
家具を固定する過去の大震災の際には、建物自体が影響を受けなくとも、家具が転倒したりガラスが割れることで大きなケガを負ったという例が多数報告されています。 タンスや本棚、食器棚などの重い家具は転倒防止のために、金具でしっかりと固定しましょう。
その場合、壁に下地が入っている場所を探してネジで固定することが重要です。
また、釘が打てない場合は、天井と家具の天板部分との間につっぱり棒を取り付けたり、転倒防止マットを家具の下に敷き、転倒するまでの時間をできるだけ遅らせるよう工夫します。
電気製品の固定
テレビや電子レンジといった重量のある電気製品も穴あき金具などを使って、台の上に固定します。その際に、台そのものを固定しておくと、さらに効果的です。また、冷蔵庫なども壁に固定しましょう。
棚や戸棚の扉が開かないようにする
棚や戸棚の扉高い場所の棚などには、できるだけ重い物を置かないようにします。また、観音開きの食器棚などでは、棚の中から食器などが飛び出したりしないように、扉に引っかけ金具を取り付けておくと、より安心です。
ピアノの固定も忘れずに
重いピアノもキャスターが付いているため、地震発生時には思わぬ場所へ移動してしまう場合が多いようです。キャスターをしっかり固定すると共に、できればピアノ本体も、壁に固定しておくと良いでしょう。
ガラスには飛散防止フィルムを
ガラスが割れて床に飛び散ってしまうと、避難の際に大きな障害になります。そのため、食器棚のガラスや窓ガラスには、飛散防止フィルムを貼っておくことをおすすめします。
テレビを枕元に置かない
テレビを枕元に置かない大きな地震が発生した場合、テレビが部屋の中で飛び跳ねてしまうことがあります。テレビに頭を向けて眠ったり、就寝場所の近くに置かない方が安全でしょう。