地震対策の方法

自分や家族の生命を守る、身の回りの地震対策についてご紹介します。

地震対策の方法十分な耐震性能を持つ住宅を手に入れても、それだけで地震対策が完了というわけではありません。
家具や電気器具、調理器具などへの配慮で、いざ地震が起きた場合の被害状況が大きく変わってきます。大きな家具が倒れて出口を塞ぎ、避難することが困難になる場合もあるのです。
万一の地震発生時に、自分や家族の生命を守る地震対策として、まず身の回りの家具による被害を想定しておきましょう。そして、それらに対してどのような対策ができるかを確認しておくことが大切です。

これだけはやっておこう地震対策

家具を固定する
家具を固定する過去の大震災の際には、建物自体が影響を受けなくとも、家具が転倒したりガラスが割れることで大きなケガを負ったという例が多数報告されています。 タンスや本棚、食器棚などの重い家具は転倒防止のために、金具でしっかりと固定しましょう。
その場合、壁に下地が入っている場所を探してネジで固定することが重要です。
また、釘が打てない場合は、天井と家具の天板部分との間につっぱり棒を取り付けたり、転倒防止マットを家具の下に敷き、転倒するまでの時間をできるだけ遅らせるよう工夫します。
電気製品の固定
テレビや電子レンジといった重量のある電気製品も穴あき金具などを使って、台の上に固定します。その際に、台そのものを固定しておくと、さらに効果的です。また、冷蔵庫なども壁に固定しましょう。
棚や戸棚の扉が開かないようにする
棚や戸棚の扉高い場所の棚などには、できるだけ重い物を置かないようにします。また、観音開きの食器棚などでは、棚の中から食器などが飛び出したりしないように、扉に引っかけ金具を取り付けておくと、より安心です。
ピアノの固定も忘れずに
重いピアノもキャスターが付いているため、地震発生時には思わぬ場所へ移動してしまう場合が多いようです。キャスターをしっかり固定すると共に、できればピアノ本体も、壁に固定しておくと良いでしょう。
ガラスには飛散防止フィルムを
ガラスが割れて床に飛び散ってしまうと、避難の際に大きな障害になります。そのため、食器棚のガラスや窓ガラスには、飛散防止フィルムを貼っておくことをおすすめします。
テレビを枕元に置かない
テレビを枕元に置かない大きな地震が発生した場合、テレビが部屋の中で飛び跳ねてしまうことがあります。テレビに頭を向けて眠ったり、就寝場所の近くに置かない方が安全でしょう。

避難前の準備

普段からしっかり地震に備えておくことで、いざというときでも安全に避難することができます。
常日頃からの心掛けや実際の避難時の注意事項などを覚えておきましょう。

二次災害を防ぐために

二次災害を防ぐために 火災や爆発など、地震による二次災害を防ぐため、家から避難するときはガスの元栓を閉め、分電盤のブレーカーを切ってから避難するようにしましょう。
特に電熱器具は、パニックになって電源を切り忘れると火災に繋がることが多いので要注意です。
また、停電になったことで、つい電源を入れたまま避難してしまい、後で送電が再開してから火災になることも考えられます。

避難経路の確保

避難経路の確保 地震で家具などが出入り口付近に転倒し、逃げ道が塞がれてしまうことがあります。
大型の家具や家電のレイアウトを見直し、家具が転倒や移動した際にもドアの開け閉めができるよう、余裕をもって配置することが大切です。
また、廊下や廊下の角は比較的スペースが少ないため、物が散らばると通りにくくなります。大きな収納棚などはできるだけ置かないようにしましょう。

おすすめ防災グッズ

多くの震災現地へ行った災害救援ボランティアは、最初の3日間を生き延びるための防災グッズが必要と訴えています。

  • 懐中電灯
  • 予備電池
  • 携帯ラジオ
  • カセットコンロ
  • 非常食
  • 飲料水(ペットボトル)
  • 使い捨てカイロ
  • トイレットペーパーやティッシュペーパー
  • ポリエチレン袋(最低45リットル以上)
  • 食品包装用ラップ
  • ウェットティッシュ
  • 手袋・軍手
  • 紙コップ
  • アルミ箔(食品を温める)
  • 紙皿
  • 多機能ナイフ
  • 布製粘着テープと油性ペン
  • ウエストポーチ(貴重品携帯用)
  • 公衆電話用小銭

※特に水とポリ袋は多めに用意する必要があり、すぐ持ち出せるように目につきやすい場所に置くことが必要です。できれば玄関・庭先・車の中などにそれぞれ一式ずつ置いておき、地震発生と同時に身近な所からサッと持ち出せることが理想的です。

※この他、家族の状況に応じて欠かせない物を加えておきましょう。(子供や老人用のオムツ、生理用品、家族の持病に合わせた常備薬品など。)

非常食

非常食を備えておけば災害時だけでなく、一人暮らしの人の急病のときにも役立ちます。最低でも3日分を用意しておきましょう。

  • 飲料水9リットル
  • 缶詰
  • フリーズドライ食品
  • 真空パックのご飯
  • 缶入り乾パン
  • チョコレートなど高カロリーのお菓子
  • 乾麺
  • 粉末コーヒー

自分の身は自分で守る

予期せぬ地震に対し、私達はパニックに陥りがちです。突発的に発生する地震から自分の身を守り、すみやかに脱出するにはどうしたら良いのでしょうか。
ここでは、地震から自分の身を守るための基礎知識をご紹介します。

地震発生後15分以内
地震発生後15分以内1995年に起きた阪神・淡路大震災における死亡の9割以上は、地震発生後15分以内のものでした。
また、死傷の原因の大半は家屋の倒壊や家具の転倒でした。
この結果から、地震による死傷のほとんどが発生と同時に起こっていると言えます。日頃から住宅の耐震化を行ない、家具を固定しておくことが大切です。そして、地震発生時には机の下にもぐるなどして身を守るようにしましょう。
まずは自分の身を守る
まずは自分の身を守る在宅中に地震が発生しても、すぐに外へ飛び出すのは危険です。飛び散った瓦やガラスでケガをすることがあります。
まずは頑丈な机の下などにもぐるなどして身を守ります。地震がおさまってからドアや窓を開けて脱出口を確保し、ガスなど火元の処理を行ないましょう。
家の中では、割れたガラスを直接踏まないようスリッパを履き、家族同士で声を掛け合うことも大切です。