耐震補強の方法

1/3

建物の構造や舞台的な耐震リフォームの方法など、耐震補強の方法についてご紹介します。

地耐震補強の方法各地で起こる地震災害の経験で、人々は住まいづくりにおいて地震への備えの大切さを教えられました。地震に強い家にするためには、どんなところに気を付ければ良いでしょうか。

地震に強い家づくり

地盤強度の確認
地盤強度の確認地盤の強度を確かめるためには、地盤調査を専門の業者に頼むと確実です。一般住宅の地盤調査法としては「スウェーデン式サウンディング法」というのが一般的です。
地盤調査で軟弱地盤と診断された場合は、地盤そのものを固めてしまう地盤改良を行なうか、固い地盤まで杭を打って家を支える必要があります。
基礎には鉄筋で補強
建物全体を支える基礎として、一般的に建物の外周や内壁の下に造られる布基礎と、地面に接する底面をコンクリート盤にしたベタ基礎の2つに分かれます。どちらが強いかは地盤の状況によって異なってきますが、両者とも必ず鉄筋を入れることが必要です。
強い構造材と補強金物を使う
木造住宅の場合は、家を支える構造材は太くて腐りにくい物を用い、補強金物を使うなどして接合強度を高めましょう。
家の形はシンプルに
地震の際にねじれるような揺れを防ぐため、建物全体の形、特に平面図の外まわりの線はなるべく長方形のシンプルな物にします。
耐力壁を家の四方にバランス良く
壁内に筋交いなどを入れた耐力壁を、建物全体にバランス良く配置。建物の四方に十分な強度を持つ壁を配して、どの方向からの揺れにも対応できるようにしましょう。
床下は通気性を良くするのが基本
基礎や床下などに換気口を設ける、防腐・防蟻用の薬品を塗布するなどして、湿気がこもってシロアリや腐食が起こらないようにします。
また、壁内や屋根裏などの通気性を良くしておくことも、建物の強度を保つために重要なポイントです。
屋根を軽量化する
アルミ材や鋼板、あるいはカラーベストなど、軽い材質の屋根材を用いて、屋根自体の重量を軽量化します。