耐震補強の方法

建物の構造や舞台的な耐震リフォームの方法など、耐震補強の方法についてご紹介します。

地耐震補強の方法各地で起こる地震災害の経験で、人々は住まいづくりにおいて地震への備えの大切さを教えられました。地震に強い家にするためには、どんなところに気を付ければ良いでしょうか。

地震に強い家づくり

地盤強度の確認
地盤強度の確認地盤の強度を確かめるためには、地盤調査を専門の業者に頼むと確実です。一般住宅の地盤調査法としては「スウェーデン式サウンディング法」というのが一般的です。
地盤調査で軟弱地盤と診断された場合は、地盤そのものを固めてしまう地盤改良を行なうか、固い地盤まで杭を打って家を支える必要があります。
基礎には鉄筋で補強
建物全体を支える基礎として、一般的に建物の外周や内壁の下に造られる布基礎と、地面に接する底面をコンクリート盤にしたベタ基礎の2つに分かれます。どちらが強いかは地盤の状況によって異なってきますが、両者とも必ず鉄筋を入れることが必要です。
強い構造材と補強金物を使う
木造住宅の場合は、家を支える構造材は太くて腐りにくい物を用い、補強金物を使うなどして接合強度を高めましょう。
家の形はシンプルに
地震の際にねじれるような揺れを防ぐため、建物全体の形、特に平面図の外まわりの線はなるべく長方形のシンプルな物にします。
耐力壁を家の四方にバランス良く
壁内に筋交いなどを入れた耐力壁を、建物全体にバランス良く配置。建物の四方に十分な強度を持つ壁を配して、どの方向からの揺れにも対応できるようにしましょう。
床下は通気性を良くするのが基本
基礎や床下などに換気口を設ける、防腐・防蟻用の薬品を塗布するなどして、湿気がこもってシロアリや腐食が起こらないようにします。
また、壁内や屋根裏などの通気性を良くしておくことも、建物の強度を保つために重要なポイントです。
屋根を軽量化する
アルミ材や鋼板、あるいはカラーベストなど、軽い材質の屋根材を用いて、屋根自体の重量を軽量化します。

地震対策構造の種類

地耐震補強の方法ひとことに「地震に強い家」と言っても、地震によって生じるエネルギーをどう受け止めるかによって構造タイプが異なってきます。
大きく2つに分けると、変形しにくく地震エネルギーを受け止める「耐震構造」と、変形しながらも地震エネルギーを逃がす「免震構造」タイプが挙げられます。また、最近ではそれぞれの良さを採用した「制震構造」タイプも登場しています。
どのタイプが最良とは一概には言えませんが、それぞれの長所・短所を把握することは地震対策において重要なことです。
ここでは、それぞれの構造の特徴についてご紹介します。

「耐震構造」:建物全体で揺れを受け止める構造

「耐震構造」とは、その名の通り、震動に耐える、揺れても壊れない家づくりです。
十分な強度の基礎を用い、筋交いにより補強して柱や梁を頑丈にします。ただし、構造自体を強固にすることで建物の倒壊を防いでいるため、強い地震に襲われた場合には建物全体が大きく揺れてしまい、家具などの転倒が予想されます。
免震に比べ、地盤も選ばず低コストな耐震構造は、もっとも導入しやすい地震対策の家づくりと言えるでしょう。

「免震構造」:揺れを建物に伝えない構造

免震構造地震の揺れを建物全体で受け止めるのではなく、建物と基礎の間に積層ゴムや鋼球などを置き、地震の揺れを建物全体に伝えないようにしたのが「免震構造」です。
地盤と建物を切り離した構造を持ち、地震エネルギーを吸収します。地震が発生しても揺れは大きく軽減されるため、建物や家具、建物内の人も守ることが可能です。
しかし、施工の精度が不十分だとかえってトラブルを引き起こしたり、積層ゴムの交換などのメンテナンスについての技術精度やコスト面での問題が生じてきます。
また、既存住宅では施工ができなかったり、地盤を選ぶといったデメリットも併せ持っています。

「制震構造」:建物の一部で揺れを吸収する構造

一般的に耐震と免震の中間に位置づけられる「制震構造」は、十分な耐震構造を持たせたうえで、建物の要所要所に制震金具を入れて震動を吸収し、分散させる構造です。
もちろん耐震構造よりも揺れは感じず、家具も転倒しにくくなります。その上、免震構造に比べ安価であり、既存住宅でも施工可能で地盤にも制約されません。両者のいいところを取り入れたバランスと手頃さで注目を集める一方、新工法であるために実績が乏しいという問題も抱えています。

構造の特徴と比較
耐震構造 免震構造 制震構造
地震発生時の揺れ 大きく揺れる  建物は、ほとんど
揺れない
多少揺れる 
地震発生時の家具 転倒する ほとんど
転倒しない
免震には劣るが、
転倒しにくい
コスト 低い 高い やや高い
敷地条件 特に制約なし 制約あり
(地盤調整が必要)
特に制約なし

耐震リフォーム

『耐震リフォーム』とは、建物の耐震性と安全性を高めるための補強工事のことを言います。弊社では、戸建住宅を対象に「シェルワイド」「プロシェルター」「シェルBOX」といった耐震リフォーム商品をご提案しています。

シェルワイド(特許取得)
シェルワイド(特許取得) 弊社独自技術として特許出願中の制震建築金物。仕口に取り付けるだけの簡単施工で低コスト、またシンプルな構造と耐久性のある金属製のためメンテナンスフリー。リフォーム時に、そして新築にもおすすめです。
プロシェルター
プロシェルター 弊社が独自で開発した耐力パネルを用いたリフォーム。既存建物の外壁と一体化させる「壁併用型タイプ」、バルコニーとして利用する「バルコニータイプ」があり、どちらも最大値「壁倍率5」を確保しています。
シェルBOX
シェルBOX 弊社が独自に開発した鉄骨耐力パネルで、地震に負けない安全空間を確保します。
「シェルBOX」を家の中に設置することで、万が一の大地震により建物が倒壊しても、建物の重量を「シェルBOX」が支えるため、安全な空間が確保できます。