わが家に新しい選択肢。リノベーション

リノベーションとは?

「リノベーション」とは、暮らす人の価値観や生活スタイルに合わせたデザイン、機器・設備、間取りを設計し、「新しい住空間」や「新しい価値」を創造することを言います。

経年劣化により建物は古くなりますが、既存の分譲マンションの一室や一戸建て住宅を構造躯体だけのスケルトン状態にすることにより、従来の間取りや設備機器、用途などにとらわれず、一から新しい住空間を構築します。

自分の価値観やライフスタイルに合った、唯一の住空間を自由に創り出せることが「リノベーション」の最大の魅力です。

リノベーションのメリット・デメリット

リノベーションのメリット・デメリットをご紹介します。

リノベーションのメリット・デメリットリノベーションを行なうと、新築のマンションや一戸建て住宅を購入するより比較的安い費用で理想の住空間を得ることができるため、物件の選択肢が広がり、居住したいエリアに住める可能性が高くなります。
しかし完成までに時間がかかる場合も多く、マンションをリノベーションする場合には、管理規約の制約を受けることもあります。
こうした、メリット・デメリットを十分に理解した上で、リノベーションを行なうかどうか判断しましょう。

メリット

新築住宅より安い費用で、理想の住空間を手に入れられる

新築住宅より安い費用同じ条件のマンションや一戸建て住宅で、新築物件を購入する価格と中古物件を購入してリノベーションする価格を比較すると、中古物件を購入してリノベーションする価格の方が、20%〜30%程安い費用で済むことが多くあります。
中古物件の価格にもよりますが、新築住宅よりも安い費用で理想の住空間を手に入れられることが、リノベーションの大きな魅力のひとつです。

希望するエリアに住める可能性が広がる

新築マンションや一戸建て住宅を探す場合、自分が希望する居住エリアに希望通りの物件が必ずしもあるわけではありません。特に都心部では、なかなか希望する物件が見つからず、どこかで妥協せざるを得ないというのが実状でしょう。
しかし、中古物件を購入し、リノベーションして住むことも物件探しの条件のひとつにすれば、対象物件の範囲を増やすことができます。

TOPICS

リノベーションを活用した不動産運用

古いマンションやオフィスビルをお持ちのオーナー様にとって、「空室」は頭の痛い悩みです。
このような入居が付きにくい建物を、リノベーションによって魅力的な居室にすることにより、入居促進を図ることができます。
また、リノベーションによって物件価値を高めた上で転売するといった不動産運用ができるなど、様々な可能性を秘めています。

デメリット

完成までに時間がかかる

リノベーションをする際は、コンセプトやイメージ合わせのため、建築士と十分に打ち合わせをする必要があります。プランを練って、理想の住まいに近づけていくには、大変時間がかかるものです。
理想の住まいを創り上げるために必要な時間ですが、住み替えまでの時間がない方や、打ち合わせの時間が十分に取れないという方には、あまり適さないと言えるでしょう。

マンションの管理規約による制約

管理規約による制約マンションをリノベーションする場合、マンションの管理規約によって施工方法などに制約が発生し、予定外の費用が発生することがあります。また、リノベーションできるのは専有部分(主に室内空間)であり、共用部分(個人の居住空間以外の部分。ベランダ、バルコニー、玄関ドアの外側など)はリノベーションすることができません。そのため、あらかじめ管理規約を十分に確認しておく必要があります。
また、中古マンションのリノベーションの場合は、近隣と騒音などのトラブルにならないよう、作業時間・作業方法にも十分に注意を払う必要があります。

リノベーションの種類

リノベーションは、大きく2種類に分けられます。

現在住んでいる住宅のリノベーション

現在住んでいる住宅のリノベーション現在住んでいる住宅をリノベーションする方法です。
「住み慣れた土地を離れたくない」、「生活環境をあまり変えたくない」という方に適した、リノベーションの方法です。

中古物件を買ってリノベーション

中古物件を買ってリノベーション自分の住みたい地域を決め、希望に合う中古物件(マンション、一戸建て)を見つけてリノベーションをする方法です。
物件の選択肢が広がり、より自分の理想に近いリノベーションを行なうことができます。
「住みたいエリアと理想の住空間が決まっている」、「時間をかけてでも理想のライフスタイルを実現したい」という方に適した、リノベーションの方法です。

リノベーションの流れ

リノベーションは、以下のような流れで行ないます。

リノベーションの流れ
会社選び
リノベーションを依頼する、会社選びから始めます。建築会社、設計事務所、デザイン事務所などがリノベーションを手がけていますので、周囲の評判や施工実績などを調査し、信頼できる会社を選びましょう。
相談
相談要望や疑問を建築会社に相談し、どのようなリノベーションをしたいか明確にしていきます。
この段階で、どのようなライフスタイルや住空間を思い描いているかしっかりと伝え、理想を実現するためのプランを練っていきます。
物件探し(中古物件を購入してリノベーションする場合)
中古物件を購入してリノベーションする場合は、リノベーションに適した物件を探します。
めぼしい物件があれば現地調査し、自分の目で確かめることが重要です。
ラフプラン・概算見積りの提示
相談内容をもとに、建築会社からラフプランと概算見積書が提示されます。
設計請負契約
ラフプランと概算見積金額に納得した段階で、建築会社と設計請負契約を締結します。
詳細の打ち合わせ(詳細プラン、詳細見積りの提示)
理想の住空間を実現するために、間取りや設備などの仕様を具体的に打ち合わせして決めていきます。
また、詳細なプランや設計図面を作成した上で、最終的な仕様・価格・工程が提示されます。
本契約(工事請負契約)
最終プランと見積金額を確認後、本契約(工事請負契約)を締結します。
この段階で、工事費の支払方法も決定します。
着工
工事着工着工までに、近隣への挨拶を行ないます。
着工後は、打ち合わせ通りに工事が進められているかを、ご自身の目でも確かめて下さい。
また、疑問に思った点や不明な点は現場監督にすぐに相談し、納得できるまで確認するようにしましょう。
完了検査・お引渡し
工事完了後、建築会社の最終検査に立ち会います。
不具合がないかをチェックし、必要に応じて補修工事を実施してもらいます。すべての検査に合格後、引渡しとなります。
定期点検
引渡し後、建築会社の定期点検があります。気になる点は、遠慮なく相談するようにしましょう。