リノベーションの流れ

リノベーションは、以下のような流れで行ないます。

リノベーションの流れ
会社選び
リノベーションを依頼する、会社選びから始めます。建築会社、設計事務所、デザイン事務所などがリノベーションを手がけていますので、周囲の評判や施工実績などを調査し、信頼できる会社を選びましょう。
相談
相談要望や疑問を建築会社に相談し、どのようなリノベーションをしたいか明確にしていきます。
この段階で、どのようなライフスタイルや住空間を思い描いているかしっかりと伝え、理想を実現するためのプランを練っていきます。
物件探し(中古物件を購入してリノベーションする場合)
中古物件を購入してリノベーションする場合は、リノベーションに適した物件を探します。
めぼしい物件があれば現地調査し、自分の目で確かめることが重要です。
ラフプラン・概算見積りの提示
相談内容をもとに、建築会社からラフプランと概算見積書が提示されます。
設計請負契約
ラフプランと概算見積金額に納得した段階で、建築会社と設計請負契約を締結します。
詳細の打ち合わせ(詳細プラン、詳細見積りの提示)
理想の住空間を実現するために、間取りや設備などの仕様を具体的に打ち合わせして決めていきます。
また、詳細なプランや設計図面を作成した上で、最終的な仕様・価格・工程が提示されます。
本契約(工事請負契約)
最終プランと見積金額を確認後、本契約(工事請負契約)を締結します。
この段階で、工事費の支払方法も決定します。
着工
工事着工着工までに、近隣への挨拶を行ないます。
着工後は、打ち合わせ通りに工事が進められているかを、ご自身の目でも確かめて下さい。
また、疑問に思った点や不明な点は現場監督にすぐに相談し、納得できるまで確認するようにしましょう。
完了検査・お引渡し
工事完了後、建築会社の最終検査に立ち会います。
不具合がないかをチェックし、必要に応じて補修工事を実施してもらいます。すべての検査に合格後、引渡しとなります。
定期点検
引渡し後、建築会社の定期点検があります。気になる点は、遠慮なく相談するようにしましょう。