リフォームお役立ち情報

step.4 リフォーム業者の選定

リフォーム業者を選ぶ際のポイントについてをご紹介します。

リフォーム工事を依頼するときに一番難しいのが業者の選び方です。特に最近は、住宅メーカーから工務店、ホームセンターまでいろいろな企業や店舗がリフォーム工事を扱うようになりました。そのため業者を選ぶときに選択肢が多くて迷うことも多いはずです。
自分で実際に見たり話を聞いたりしながら、できるだけ多くの情報を集め、最適な業者を選ぶようにしましょう。

情報の集め方

情報の集め方 情報収集の手段には、リフォーム雑誌やインターネットのホームページの他、工事業者による施工事例集などがあります。また、リフォームを経験した友人・知人などに、工事業者の選び方を相談したり、リフォーム完成後の状態を見学させてもらったりするのも良い方法です。
なお、リフォームにあたり収集しておきたい情報には、次のようなものがあります。

リフォームにあたり収集しておきたい情報

  • プランニングや仕上がりイメージをつかむための情報
  • 住宅建材や設備機器に関する情報
  • 依頼先選びに関する情報
  • 費用の目安情報
  • リフォームについての法律やマンションなどの管理組合規約の情報
  • 建物の構造に関する情報

見積書の取り方

見積書の取り方 収集した情報によってある程度業者を絞り込んだら、リフォーム工事を依頼する見積書を取ります。見積書を取るときに、リフォームの内容をできるだけ具体的に、要望や必要なことはしっかり伝えましょう。
工事金額が適正であるかを知るために、見積書はできるだけ複数の業者から取るようにします。見積書が比較しやすいように、各社に同じ内容や条件を伝えるようにしましょう。
また、業者がリフォーム場所を見たいと申し出があったら、見てもらうようにします。作業部分だけでなく、その周囲の状況も把握してもらうことで、適正な見積書ができあがります。

選び方のポイント

選び方のポイント リフォーム業者も地元の小さな工務店から、住宅メーカー・設備メーカーといった大手建設業者など多種多様です。業者を選ぶ目安のひとつとして、リフォーム専門業者か、新築の設計を主体業務とする業者か、という点が挙げられます。
それぞれのリフォーム業者のタイプと特徴を把握しておきましょう。

住宅メーカーなどの大手建設業者
自社での販売物件のメンテナンスを手がけており、購入者に対して様々なフォローを行なってくれます。住宅全体に対して多くの知識があるので、幅広いリフォーム内容に対応してくれます。
リフォーム専門業者
工務店や設備工事店、建材店などで、それぞれ得意分野があります。融通が利きやすく、建具や家具などの小さな修理にも応じてくれる他、大規模なリフォームに対応できる所もあります。住宅設備や建材・部品メーカーの製品を扱う代理店もこの部類に入ります。
設計事務所
新築の設計を主体としていることがほとんどですが、リフォームに対応している事務所もあります。大規模な改修工事や斬新なデザイン、レイアウトなどを希望する場合に最適です。
電気・水道・ガスなどの設備業者
それぞれの設備の専門業者で、関連する分野のリフォームや修理などを手がけています。
塗装・内装・屋根・板金・タイル・左官など
専門分野に特化しており、工務店などから請け負って工事をすることが多いようです。部分的なリフォームであれば、対応できる場合もあります。

業者を選ぶときの最も重要なポイントは、見積書の金額だけでなく、担当者の印象やこれまでのリフォーム実績などから総合的な判断をすることです。
こちらの要望をよく理解して最適なプランを提案し、納得できるようきちんと説明してくれるなど、信頼性やノウハウ、実力などをチェックするようにします。
こうした中で、業者を選ぶときの目安として以下の4つが挙げられます。

業者を選ぶ時の最も重要なポイント
  • 不満や要望に対して、的確な解決策を提案してくれる
  • 資格を持った専門スタッフがいる
  • 大手メーカーの指定業者になっている
  • 各種業界団体に加入している