お風呂のお役立ち情報

お風呂の効果

お風呂のお湯に浸かってのんびりすれば、身体に「温熱」・「水圧」・「浮力」という、3つの物理作用が働き、リラックスでき、健康増進・ストレス解消・美容にも効果があります。

温浴効果

お湯の温度によって身体に及ぼす影響が異なります。高温浴(42〜44度)では、血管や皮膚などを調整する自律神経の一つである交感神経を刺激して、新陳代謝を高め心身共に興奮状態になります。また、微温浴(35〜38度)でゆっくりとつかると、もう一つの副交感神経が働き、精神的な安らぎと落ち着いた気分になれます。

お風呂の温度と効果

温度 効果
24〜34度 お風呂に入るといったんは血圧が上昇しますが、やがて毛細血管が拡張して血行がよくなり血圧は下がります。高血圧の人は、微温浴を長時間続けると効果があります。
34〜37度 筋肉を弛緩させると共に、副交感神経が働き、精神的安らぎが得られます。
37〜38度 筋肉を弛緩させると共に、副交感神経が働き、精神的安らぎが得られます。
38〜42度 日本人が好む温度であり、血液の循環が良くなります。
42度以上 新陳代謝を高め、心身共に活動的になります。疲労物質である乳酸を取り除き、筋肉の疲れをときほぐします。

水圧効果

水圧効果お風呂に入ると全身に水圧がかかり、横隔膜が上に押し上げられ、肺の容量が少なくなり空気の量が減少します。それに伴い、静脈やリンパ管も圧迫されます。お湯から上がると水圧が無くなるので、手足の先まで一気に血液が流れ、全身の血行が良くなります。
※急に立ちあがると脳貧血を起こすことがあるため注意が必要です。

浮力効果

浮力効果お湯につかると浮力が働くため、身体が軽くなり、関節や筋肉にかかる負荷が減少し、筋肉の緊張がときほぐされます。痛みがあって動かしにくいところも、お湯の中なら曲げ伸ばしがしやすくなります。毎日の入浴で少しずつ動かし筋力をつけてゆくといいでしょう。また、浮力でカラダが軽くなると、精神的にもゆったりリラックスし、ストレス解消にもなります。さらに、副交感神経が優位になるため、血管が拡張し、血液の循環がよくなる効果があります。

PAGE TOP