お風呂のお役立ち情報

浴室のお手入れ方法

浴室内の壁や床には石鹸カスや水垢が付きやすく、そのうえ、高温多湿のためカビが発生しやすい条件がそろっています。そんな浴室内を清潔に保つには、毎日のお手入れが必要です。ここでは、浴室のお手入れ方法についてご紹介します。

浴槽

浴槽浴槽についた水垢や石鹸カスは、浴槽用中性洗剤をスポンジに付けて柔らかくこすり洗い流します。長く放置しておくと、水垢や石鹸カスが固まり落ちにくくなってしまうので、毎日こまめにお手入れしましょう。
また、温泉水・硫黄系や酸性・アルカリ性の強い入浴剤は、浴槽が変色や色あせの原因となったり、浴槽や配水管を傷めることになるので、使用後はよく水洗いをしましょう。※ 浴槽の材質(ホーロー・ステンレス・人工大理石など)により 洗剤が異なるので、材質にあった洗剤を使用しましょう。

壁・天井・床

【壁・天井】
壁・天井
壁や天井のお手入れは、風呂用の中性洗剤をスポンジに付けてこすり洗いをし、汚れを落としてからよく洗い流します。そして、最後は乾いた布で水気を拭き取ります。カビが付いてしまった場合は、カビ取り剤を使って取り除きます。こびり付いた汚れは、塩素系の漂白剤を10倍ぐらい薄め、霧吹きで吹き付けてから、水洗いをして水気を取ります。
※カビ専用洗剤は塩素系がほとんどですから、洗剤使用の際は必ず手袋をし、浴室の窓を開け、換気扇を回しましょう。
【床】
床
タイルの目地に付いた汚れは、漂白剤(カビ取り剤)や研磨剤の入った洗剤をタイルブラシ(歯ブラシでもOK)に付け、目地に沿ってこすり洗いし、水洗いします。そして、最後は乾いた布で水気を拭き取ります。

排水口

排水口排水口は、髪の毛・ゴミや水垢が溜まりやすいので、こまめな手入れが必要です。
まず、フタや目皿を取り外し髪の毛やゴミを取り除きます。風呂用の洗剤やクレンザーで、タワシや歯ブラシなどで汚れ・ぬめりを落とし水洗いします。詰まりを防ぐために、2〜3ヵ月に1度、配水管用洗浄剤を使いましょう。

蛇口・シャワーヘッド

【蛇口】
蛇口
ブラシに練り歯磨きを付けて磨き、水洗いをします。
【シャワーヘッド】
シャワーヘッド
シャワーヘッドの穴詰まりは、湯垢が原因です。湯垢を取り除くためには、ヘッドを分解して歯ブラシや爪ブラシなどに洗剤を付けこすり落とします。

浴室ドア・窓

浴室ドア・窓浴室ドアや窓ガラスに石鹸やシャンプーの泡が付いていたら、入浴後すぐに洗い流すようにします。汚れが付いてしまった時は、中性洗剤をスポンジに含ませてふき取り、洗い流します。
ガラス周りのゴムの汚れには、クレンザーを使い歯ブラシで落とします。外部に接する場所に結露が生じやすいので、こまめに水分をふき取るように心掛けましょう。

鏡鏡に白い汚れ(水のカルシウム分)が付いて写りが悪くなる場合があります。こんな時は、ガラスクリーナーなどで磨くときれいになります。日頃から水分をふき取って、汚れが付かないようにすることが大切です。

PAGE TOP