キッチンお役立ち情報

キッチンお手入れ読本〜新品のキレイを保つ、ちょっとしたコツ〜

レンジフード

range hood

換気扇周りの汚れは時間が経つとホコリと油に調理の熱が加わって落ちにくくなり、換気機能の低下も招きます。定期的にお手入れしましょう。

お手入れが大変そうな換気扇周りもコツがわかれば意外に簡単。一度にまとめてやろうとせず「定期的に、少しずつ」を心がけましょう。

週に1回 フードの油汚れは湿布法で浮かして取る

本体

フード本体は、ぬるま湯にひたして軽く絞った布で拭きます。

  • 汚れが気になる時は
  • 台所用洗剤のうすめ液をスプレーしたティッシュペーパーを貼り、15〜30分後にペーパーごと拭き取ります。
  • 洗剤分が取れるまで、湯につけた布でよく拭き、から拭きで 仕上げます。
1
ティッシュペーパーを貼り台所用洗剤のうすめ液をスプレー。

月に1回 フィルターは薄めた洗剤液でつけ置き洗い

フィルター
  • 取り外したフィルターにキッチンペーパーを巻き、台所用洗剤のうすめ液をスプレーします。汚れがひどい場合はゴミ袋にぬるま湯で薄めた台所用洗剤を入れ、その中にフィルターを30〜40分つけ置きします。
  • スポンジや歯ブラシで洗います。
  • 洗剤分を流して水分を拭き取り、乾かしてから取り付けます。
1
フィルターにキッチンペーパーを巻き、30〜40分つけ置きします。

3〜6ヵ月に1回 換気扇周りは湿布法・つけ置きで徹底的に

換気扇
  • 取り外した換気扇をティッシュペーパーで包むようにし、台所用洗剤のうすめ液をスプレーします。15〜30分置いたらティッシュペーパーで汚れを拭き取るようにしてはがします。細かい部分は液体クリームクレンザーを付けた歯ブラシなどでこすります。
  • お湯にひたして軽く絞った布で洗剤分を完全に拭き取り、乾かしてから取り付けます。
ティッシュペーパーで包むようにして洗剤をかけます。細かい部分はクレンザーを付けた歯ブラシなどでこすります。
洗剤分を拭き取り、乾かしてから取り付けます。
本体の内側
  • ぬるま湯で薄めた換気扇・ガスレンジ用洗剤をキッチンペーパーにスプレーして巻きつけます。10分置いたら拭き取ります。
  • スポンジにぬるま湯で薄めた台所用洗剤を付けて仕上げ磨きをします。
  • 水拭き、から拭きで仕上げます。
1
モーター部分に洗剤や水気を付けないよう注意しましょう。
3
洗剤分は完全に除きましょう。

レンジフードお手入れ時の注意

  • お手入れ前は必ずスイッチをOFFにし、コンセントのあるものは抜きましょう。
  • 故障の原因になるため、モーター部分には 水や洗剤を絶対にかけないで下さい。
  • アルミ部分やフッ素コーティングの部品、フード本体の塗装はアルカリ性や弱アルカリ性の洗剤が苦手です。布に含ませて拭く程度なら水拭きで仕上げれば大丈夫ですが、長時間のつけ置きは変色や塗装のはがれのもととなるので避けましょう。
PAGE TOP