キッチンお役立ち情報

キッチンお手入れ読本〜新品のキレイを保つ、ちょっとしたコツ〜

ワークトップ(調理台天板)

work top

ワークトップは汚れを残さないのが原則。
また、モノを置き過ぎると掃除がしにくくなるので「常にスッキリ」を心がけましょう。

布で水拭きした後、から拭きで仕上げます。使用中も調味料や食材などが付いたらすぐに拭き取りましょう。

週に1回 水アカ・サビ・カビの素材のお手入れ方法

ステンレス
  • スポンジに台所用洗剤を付けてこすり洗いします。
  • ぬるま湯で湿らせた布で洗剤分を拭き取り、から拭きで仕上げます。
台所用洗剤 傷をつけないよう、スポンジや布を使いましょう。
人造大理石
  • 柔らかい布かスポンジに台所用洗剤を付けて優しくこすり洗いします。
  • ぬるま湯で湿らせた布で洗剤分を拭き取り、から拭きで仕上げます。
台所用洗剤 ステンレスと基本は同じ。こまめにお手入れをしましょう。

ステンレスお手入れ時の注意点

調味料の塩分はサビのもと
塩やしょうゆなどに含まれる塩分は、サビの原因になります。こぼしたらすぐに拭きましょう。
磨く時は研磨目に平行に
表面に研磨目(磨き方向)がある場合、磨く時は研磨目に平行に、均等の力を加えるようにしましょう。研磨目に逆らったり部分的に強くこすると、汚れが落ちにくく研磨目も崩れてしまいます。
クレンザーやたわしは×
粒子の粗いクレンザー、金属たわし、ナイロンたわしは表面が傷つくので避けましょう。金属たわしの鉄粉はもらいサビの原因にもなります。
PAGE TOP