キッチンお役立ち情報 - スローフードな新生活

スローフードとは

「スローフード」は特定の食べ物を定義づけているわけではありません。食べることや食べ物をつくることについてもっと考え、そして食事そのものをもっと楽しもうという、食に関する一連の「考え方」を示しているのが「スローフード」です。

スローフードの歴史

イタリアの片田舎ではじまる

「スローフード」の発祥は、1970年代の半ばにイタリア北部のピエモンテ州にあるブラという片田舎の町で、現在のスローフード協会の前身が誕生したことに始まります。
当時、ブラの町の周辺は、皮なめし産業やワインの家内工業などが盛んな工業地帯で、労働団体などの組織づくりに関して長い歴史がありました。

バローロ愛好協会が誕生

その後1980年代に入ると、バローロ愛好協会が誕生しました。
バローロ愛好協会では、ワインをはじめとするグルメ全般の販売促進や観光などのPRに力が注がれ、ワインの正しい飲食法や入門講座などの教育活動、特産品の普及活動などが行なわれました。
この時に培われた国内のネットワークが、その後生まれるスローフード協会の活動に活かされることになります。

「スローフード協会」が設立される

1986年にトリノ在住のカルロ・ペトリーニ氏によって、NPO(非営利組織)の「スローフード協会」が設立され、その際に発表された「スローフード宣言」のコンセプトに基づいた「スローフード運動」がスタートしました。

設立のきっかけはファストフード店のオープン

スローフード協会の設立のきっかけは、オードリー・ヘップバーンが王女様の役で出演した映画「ローマの休日」でも名高いスペイン広場の周辺に、アメリカ資本のファストフード店がオープンしたことでした。その後イタリアに続き、1989年にはパリでもスローフード宣言が発表され、スローフード運動は急速に世界に広がって行きました。

会員数は50か国で8万人以上に成長

現在、スローフード協会の国際本部は、その発祥の地でもあるイタリアの北部の町ブラにあります。その会員数は8万人以上に達し、会員の国籍もイタリアはもちろんのこと、ドイツ、スペイン、フィンランドなどのヨーロッパやハンガリー、スロバニア、クロアチアなどの東欧諸国、さらにアメリカ、日本など、世界50か国に及んでいます。スローフード協会では、消費者に正しい情報を発信するための「出版活動」をはじめ、各支部で開催される「テイスティングの会」や「地元の食材を楽しむ会」、また、「食のツアー」などを開催しています。

| スローフードとは? | スローフードの歴史 | スローフードの思想 | スローフードの広がり |
PAGE TOP