キッチンお役立ち情報 - スローフードな新生活

スローフードとは

「スローフード」は特定の食べ物を定義づけているわけではありません。食べることや食べ物をつくることについてもっと考え、そして食事そのものをもっと楽しもうという、食に関する一連の「考え方」を示しているのが「スローフード」です。

スローフードの広がり

「味覚のレッスン」などを実施

スローフードのコンセプトは、様々な運動や行動となって世界の国々で広く実践されています。フランスではスローフード運動の一環として、「味覚のレッスン」活動が行なわれています。「味覚のレッスン」は、その地域でできる独自の食材を使った食事を小学校に提供するものです。また、実際にハーブの臭いを嗅がせて香りを体験させたり、野菜を生のままかじらせたりして、地元の食材をどのように調理したら美味しく食べられ、また身体に良いかなどを教えています。

「スローフード」から「スローライフ」へ

「スローフード宣言」に掲げられた四つのコンセプトは、「人の身体は食によって維持されており、人が生きていく上で食は最も重要な要素である」といった基本思想に基づいて構成されています。

| スローフードとは? | スローフードの歴史 | スローフードの思想 | スローフードの広がり |
PAGE TOP