キッチンのお役立ち情報
キッチン収納術

吊戸棚

目線より高い位置にある「吊戸棚」は、目につかない場所なだけに、つい物を入れっぱなしにしてしまいがちです。取り出しやすいように工夫して、空間を有効に活用しましょう。
ここでは、「吊戸棚」の収納のポイントをご紹介します。

吊戸棚イメージ

上段は「取り出しやすく、見えやすく」がポイント!

手が届きにくく、物が取り出しづらい「吊戸棚」の上段には、季節物の調理器具など、普段はあまり使わない物を収納します。収納する際には、取っ手のついたケースを利用したり、中に入っている物を記入したラベルをつけるなど、取り出しやすく見えやすい状態にしておくとよいでしょう。

使いやすい下段には、よく使うものを収納

手が届きやすい下段には、乾物などの保存食材やお茶、ビニール袋など、日頃からよく使う物で軽い物を収納します。よく使う食器や密閉容器などを収納するのにも適しています。

トレーやカゴを有効活用

こまごまとした物を収納する場合には、取っ手のあるトレーやカゴを使うとよいでしょう。このとき、「吊戸棚」の奥行きに合ったものを選ぶと、スペースを有効活用することができます。中身が一目でわかる透明タイプものがおすすめです。

「吊戸棚」の底面を活用して、調理器具を収納

「吊戸棚」の底面を活用するのも、一つの方法です。
「吊戸棚」の底面にフックを取り付け、おたまやフライ返しなどの調理器具を吊るしたり、タオルハンガーを2つ取り付けてまな板置き場にするなどの方法もおすすめです。