キッチンのお役立ち情報
キッチン収納術

シンク下

湿気の多い「シンク下」は、作業する場所から近く、鍋やフライパンなどの収納に適したスペースです。その一方で、配管があるため、収納スペースが確保しづらく、湿気がたまりやすいという難点もあります。
ここでは、「シンク下」を収納場所として有効活用するためのポイントをご紹介します。

シンク下イメージ

棚を作って収納力をアップ!

鍋などを重ねて直置きすると、下に置いた物が取り出しにくく、上のスペースが空いたままになってしまいます。コの字ラックやスノコを使った棚などを使うと、上下に収納することができるため、スペースを有効に使うことができます。

扉の裏のスペースも有効活用

「シンク下」の扉の裏は、工夫次第で使いやすい収納スペースに変わります。また、粘着式のフックなどを利用して、調理器具などをかけて収納すれば、立ったまま必要な道具を取り出すことができて便利です。

フライパンはファイルケースに立てて収納

ファイルケースに収納

「シンク下」の棚にフライパンを並べようとすると、長い柄が邪魔になり、効率よく収納することができません。書類などを整理するプラスチック製のファイルケースにフライパンを入れて並べると、取り出しやすくスッキリと収納することができます。

小さな調理器具や洗剤類は縦長のカゴにまとめる

小さめの調理器具や洗剤、掃除用のスポンジなどは、種類別にカゴにまとめておくと、必要なときに取り出しやすく、掃除もしやすいため、おすすめです。収納スペースや入れるものに応じたカゴを選ぶとよいでしょう。