キッチンのお役立ち情報
キッチン収納術

引出し

単に物を詰め込んだだけの「引出し」は、必要なものが見つけにくく、使い勝手も良くありません。入れるものを種類ごとに分類し、大きさに応じた仕切りをつけるなど、少し工夫するだけでぐっと使いやすくなります。
ここでは、「引出し」を有効活用するためのポイントをご紹介します。

引出しイメージ

カトラリー類は仕切りつきトレーを利用

スプーンやフォーク、ナイフなどのカトラリー類は、種類ごとに分類し、仕切りつきトレーに入れておくと、使う際にトレーごとテーブルに持っていくことができて便利です。また、茶托(ちゃたく)や箸置きなども、仕切りつきのトレーやカゴにまとめておくとよいでしょう。

小さな密閉容器で仕切って小物を収納

固形のブイヨンやお弁当用に小分けされた調味料など、引出しの中で行方不明になりがちな小物は、100円ショップなどで売られているカゴや小さな密閉容器などを使い、種類ごとに仕切って収納しましょう。汚れてもすぐに洗えるため、清潔な状態を保つことができるのも魅力です。

布巾やビニール袋などはたたんで収納

乱雑に収納してしまいがちな布巾やビニール袋は、最初に仕切りや空き箱を入れ、そこに収まる大きさにたたんで収納すると、一枚ずつスムーズに取り出すことができます。