キッチンのお役立ち情報
キッチン収納術

食器棚

食事のたびに使う食器類は、常に整理整頓を心がけ、使いやすい状態を保っておきたいものです。ここでは、食器棚に収納する際のポイントをまとめてみました。

食器棚イメージ

棚の位置に合わせて食器を収納

大きな食器棚の場合、棚の位置によって収納する食器を分類すると、使い勝手が良くなります。
上の棚には、ガラス食器や薄い色の食器を置くと、すっきりとした印象になります。立ったときに目線より少し下ぐらいになる場所は、最も食器を取り出しやすい場所です。使用頻度の高い茶碗や湯のみ、取り皿などを置くとよいでしょう。また、しゃがんで出し入れしなければならない下の段には、あまり使わない物や重い食器などを収納しましょう。

お皿は立てて並べると、取り出しやすい

よく使うお皿は、積み重ねて収納するより、立てて収納した方が出し入れしやすく、収納力もアップします。大皿はエアキャップ(※)で作った袋やクッション封筒に入れて収納すると、皿を傷めず、スペースも取りません。大きめの皿は、種類ごとにまとめて書類ケースなどに立てておくと、楽に取り出すことができます。小皿については、仕切りのあるメッシュカゴを使うと、選びやすく便利です。

(※)梱包の際に使用される、エアの詰まったビニール製の緩衝材。

茶碗やお椀は「互い違い」に収納

茶碗やお椀は、形が円錐状になっているので、上向きに重ねたものを横に並べると、下に三角形のデッドスペースができてしまいます。上向きに重ねたものと下向きに伏せたものを互い違いに並べると、上下の凹凸がうまく組み合わされ、スペースを有効活用することができます。