TOP

室内干しを快適にするコツ

型くずれを防ぐ

雨の日だけでなく、防犯や花粉症対策のために、洗濯物を室内に干す人が増えています。
「折りたたみ室内用ハンガー」など室内干し専用器具を利用し、通気性を考えて室内でもよく乾くように干しましょう。

空気の通り道をつくる

【ズボン】丸型ハンガーに裏返して干す

ジーンズなどズボン類はポケットが乾くように裏返し、丸型ハンガーでウエストの部分を留めて筒状に干しましょう。立体的に干すと内側にも空気が通り、乾きやすくなります。

01
02

【Tシャツ】針金ハンガーに奥行きをつけて干す

Tシャツやシャツ・ブラウスを干す場合、厚みのあるスーツ用のハンガーを使うか、普通の針金ハンガーなら三角形の底辺の部分を少し手前に引っ張り、奥行きをつけて干しましょう。シャツの胸元が浮くため早く乾きます。

【子供用パーカー】フード用ハンガーを作って干す

乾きにくい子供用パーカーのフード部分は、丸い形に曲げた針金ハンガーで持ち上げて干しましょう。このフード用ハンガーの下に、トレーナー専用ハンガーを引っ掛けて干します。市販のトレーナー専用ハンガーは袖を広げて干せるので、脇の下も乾きやすくなります。

03