TOP

インテリア素材の選び方

4つの基本イメージ

お部屋のイメージを左右するカーテンや壁・床・天井の素材、照明器具の選び方などをご紹介します。

失敗知らずのかんたんセレクト術

色を減らしてシンプルに

特にこだわりがなく、選択に迷ったときは、柄物や多色使いの生地は避け、シンプルに。グリーン系かベージュ系の無地にしておくと無難です。

シンプルな無地のカーテン
面素材のカーテン

綿素材は失敗知らず

綿プリントであれば裾が広がる心配もありません。いろいろなテクニックを使って豪華に見せることもできます。

ドレープを多くしてゴージャスに

ドレープを多めにすると、豪華に見えます。柄によってヒダ倍率を変えるのがコツ。花柄など大きな柄の生地は、柄が美しく見えるようヒダを調節します。

ドレープの多いカーテン
カーテンの裏地

裏地を付けよう

カーテン自体が厚みを増しドレープが豊かに出ます。また、裏地にはカーテンを保護する役目もあるのでカーテンの耐久年数も増します。表地・裏地は同じ素材を使いましょう。

縫製方法の違いとイメージ

2つ山ヒダ

生地を1.5倍使います。3つ山よりカジュアルなイメージ。

2つ山ヒダのカーテン
3つ山ヒダのカーテン

3つ山ヒダ

最も一般的な縫製方法。生地を2倍以上使います。

ギャザーテープ

細かいヒダが美しく映えます。出窓などのスタイルカーテンに。

ギャザーテープのカーテン