TOP

ペットといつも快適生活

引っかき傷の直し方

室内でペットを飼う場合、家の中を傷付けられたり、事故などが心配ですね。ペットが付けてしまった傷の修理方法をはじめ、「ペットゲート」など、ペットと暮らすための快適設備をご紹介します。

ペットと暮らすための快適アイテム

【床の傷対策】タイルカーペット

犬の爪でフローリングに傷が付くのを避けるには、数10cm角のタイルカーペット、コルクタイルなどを敷き詰めると良いでしょう。色違いのタイルカーペットを市松模様に敷くとおしゃれです。隅は隙間が出ないようにカッターで切って敷きましょう。

タイルカーペット
腰壁パネル

【爪とぎ対策】腰壁パネル

猫に爪とぎをされたくないクロス・家具には、透明の塩ビシートを貼ってカバーしておきましょう。クロスの場合は腰の位置で「腰見切り材」を貼り、腰高まで強化クロスか、より高級感が出る腰壁パネルにすると良いでしょう。傷付いても、腰から下を貼り替えるだけで済みます。

【事故対策】ペットゲート

室内でペットを飼うときはペットゲートを活用しましょう。ペットが階段やキッチンに入らないようにしたり、赤ちゃんの事故やケガを防いだりするのに有効です。来客のとき、犬が玄関から飛び出すのを防ぐこともできます。横幅が調節できるタイプを選ぶと、いろいろな場所に取り付けられます。

ペットゲート
空気清浄機

【ニオイ対策】空気清浄機

雨の日や夜間など換気できないときには、空気清浄機を動かして、室内にペットの臭いがこもらないようにしましょう。空気清浄機は1部屋に1台あれば理想的です。「空気清浄機能付エアコン」なら、室内の温度管理もできてペットの健康のためにもなり、一石二鳥です。

ワンポイントアドバイス

最近では、バリアフリーはもちろん、ペットが部屋から部屋へ自由に動き回ることを可能にする「ペットドア」など、ペットが暮らしやすく、またペットと人間がのびのびとふれ合えるための仕様・設備を備えたペット共生住宅が増えてきました。ペットに優しい住まいは、人にも優しい住まいです。
安全に十分考慮し、傷や臭いに対応した設備を取り入れて、ペットも含めた家族全員にとって心地良い住環境を整えましょう。

ペットドア