もっと素敵に もっと楽しく/ナスラック

アニメーション
  • 大
  • 中
  • 小

千葉シスコ工場 製品ライン

千葉シスコ工場では、CAD(コンピューター設計)システム活用による設計図面データの一元管理はもとより構造部材の規格化、作業の標準化、産業用溶接ロボットシステム導入により、高品質、高精度な製品づくりを実現しています。ロボットによるラインの自動化が作業効率と生産性を高め、安定した製品を提供しています。

品質確保については、自動制御複合加工機を導入し、精度の高い切断、孔明け加工を施しています。また溶接工程においては、厚板溶接の難しい施工条件をクリアするためにデータベース化した溶接ロボットを採用し、溶接の品質向上を実現しました。

問題点をすみやかに解決するためにISO品質マネジメントシステムをうまく活用し、常に見直し、改善活動を繰り返し行なうことで、品質管理体制の強化を図っています。常にお客様が求める品質のニーズを追求し、お客様にご満足して頂ける製品の提供を目指します。

柱加工ライン

溶接
溶接

柱部材のコア部分を溶接します。

治具(じぐ)に固定
治具(じぐ)に固定

コア部分を治具(じぐ)に固定し、ロボット溶接の準備をします。

ロボット溶接
ロボット溶接

治具(じぐ)で固定したコア部分をロボット溶接します。

組立
組立

コア部分に仕口を取付けします。

柱に仮溶接
柱と組立

組み上がった仕口部を、柱に仮溶接します。

溶接ロボットにセット
溶接ロボットにセット

組み上がった柱を、溶接ロボットにセットします。

柱を溶接
柱を溶接

大組みロボットで、柱を溶接します。

部材の溶接
部材の溶接

柱に部材を溶接します。

塗装
塗装

検査が終了した製品に、エアレスで塗装を施します。

出荷
出荷

製品の最終チェックを行ない、建築現場へ出荷します。

梁加工ライン

搬入
搬入

一次加工を施したH形鋼を搬入します。

組立溶接
組立溶接

H形鋼を、組立溶接します。

溶接
溶接

梁にガセットプレートを溶接します。

塗装
塗装

検査が終了した製品に、エアレスで塗装を施します。

出荷
出荷

製品の最終チェックを行ない、建築現場へ出荷します。

FU(フレームユニット)ライン

軽量部材をセット
軽量部材をセット

ユニットワーカーに軽量部材をセットします。

孔明け・切断
孔明け・切断

ユニットワーカーにて孔明け・切断を行ないます。

仕分け
仕分け

孔明け・切断した部材を仕分けします。

組立
組立

一次加工が終わった部材を治具(じぐ)にセットし、組立てます。

溶接
溶接

治具(じぐ)で組立てた部材を溶接します。

塗装
塗装

検査が終了した製品に、エアレスで塗装を施します。

出荷
出荷

製品の最終チェックを行ない、建築現場へ出荷します。

システムキッチンやステンレスキッチンなどの水まわりの商品をはじめ、高耐震鉄骨建材や内装建材などに至るまで、住空間にかかわるものをトータルで提供しているナスラック。その根幹を担う5工場のうちのひとつ、千葉シスコ工場では、高品質・高精度な製品づくりを実現しています。その実現に必要不可欠なのが産業用溶接ロボットの存在。ラインを自動化することで作業効率と生産性を高め、さらにデータベース化した溶接ロボットを採用することでさらなる品質の向上を可能にしました。今生産できるスピード・品質に満足することなくさらなる高みへ。ナスラック千葉シスコ工場では常にお客様が求める製品のニーズを追求し、満足して頂ける製品の提供を目指します。

ページの先頭へ