もっと素敵に もっと楽しく/ナスラック

アニメーション
  • 大
  • 中
  • 小

NK深谷工場 製品紹介

東建コーポレーションの豊富な経験と実績の集大成とも言える、強く、美しく、長く住み続けられる高耐震鉄骨造アパート「シェルルシリーズ」。NK深谷工場は、そのシェルルシリーズの鉄骨部材・外壁パネルなどを生産しています。優れた生産技術と徹底した品質管理がシェルルシリーズの高い耐震性を実現しています。

NK深谷工場の主な生産製品

東建グループが特許を取得したアウトウォール工法に使われる「高耐力フレーム」。そしてもうひとつ、弊社独自の技術により高い制震性が認められ、特許を取得した「制震フレーム」。このW特許により実現した高耐震鉄骨部材はNK深谷工場で生産されています。

高耐力フレーム
独自開発の高耐力フレームが、地震などによる大きな力に対応しています。
高耐力フレーム 特急取得中
耐震フレーム
自社開発し独自技術である制震フレームが地震の揺れを吸収します。
耐震フレーム 特急取得中

地震から身を守る安心の耐震技術

強さの秘密は、弊社独自開発の構造体と高耐久フレーム 地震によるねじれ現象の防止に威力を発揮する弊社独自開発の高耐力フレームと、鉄骨柱をバランス良く組み合わせて配置することで、建築基準法で要求される1.5倍の構造強度を実現。風や地震などによる揺れなど、急激にかかる大きな力をしなやかに受け止める安全な構造体です。

高耐力フレーム
  • ①トラス
    パネル化されているため、現場での施工性に優れています。
  • ②梁
    各階ごとに用いる梁サイズを統一し、少品種・同部材とすることでシンプルな構造体を実現。コストダウンを図りました。
  • ③高耐力フレーム
    独自開発の高耐力フレームが地震などによる大きな力に対応しています。

耐震性「耐震等級3相当」の優れた耐震構造

「シェルルシリーズ」は住宅性能表示の「構造の安定」における「耐震等級3相当」の強靱な耐震構造が特長。建築基準法が規定する1.5倍の耐震強度を有し、災害時に避難場所となる公共施設(学校・警察など)のランク「等級2」を上回ります。

[ 住宅性能表示制度の評価基準 ]
等級3 病院 災害時に救護活動の拠点となる建物
(例)赤十字病院など
極めて稀に(速度をゼロに保つ性質の粘性体と変形をもとに戻す性質の弾性体それぞれの性質を合わせ持つ材料です。この「鉄骨地中梁TC基礎工法」により、価格を抑えながら、品質と安全性を高めた賃貸マンション・賃貸アパートを、お施主様に早く引き渡すことを実現します。数百年に一度程度)発生する地震の1.5倍の力に対して倒壊、崩壊などしない程度
等級2 学校 災害時に避難場所に指定されている公共施設
(例)学校・警察など
極めて稀に(数百年に一度程度)発生する地震の1.25倍の力に対して倒壊、崩壊などしない程度
等級1 マンション 従来の一般的なマンション 極めて稀に(数百年に一度程度)発生する地震に対して倒壊、崩壊などしない程度

耐久性 「カチオン電着塗装」を施した、錆に強い構造部分

「カチオン電着塗装」を施した鉄骨部材は、自社工場のフルオートメーション化によって生産され、国土交通省の大臣認定にて「耐用年数65年」の評価を取得しています。さらに自動溶接ロボットを導入し、施工品質の向上と生産体制の効率化に努めています。

鉄骨部材の構造

独自開発 自由な室内設計ができるアウトウォール工法

東建グループが独自に開発したアウトウォール工法は、「建物及び建物の設計の方法」において特許を取得しています。建物のまわりにバランス良く耐力壁を配置して、室内空間に耐力壁をなくすことにより、梁型や柱型のないすっきりとした住空間を実現。間取りに自由性と可変性を持たせることを可能とし、入居者様のライフスタイルの変化に合わせて間取り変更などの大規模なリフォームにも対応します。

アウトウォール工法はトラックのダブルタイヤの原理と同じです。

2重の高耐力フレーム ダブルタイヤの原理
積載重量の重い大型トラックは、ダブルタイヤで積み荷の重さを2本のタイヤでバランス良く支えています。この原理を応用して、建物の外側に2重に「高耐力フレーム」を設置しています。
従来の間取り アウトウォール工法の間取り
特急取得認定書

東建グループ独自のアウトウォール工法の設計手法は、特許を取得しています。
また、建物は建築基準法に基づく型式適合認定を取得、鉄骨のカチオン電着塗装は国土交通省の大臣認定を取得しています。

  • 実用新案登録証
    実用新案登録証
  • 特許証
    特許証
  • 型式適合認定
    型式適合認定
  • 国土交通大臣特別評価方法認定書
    国土交通大臣特別
    評価方法認定書

安心できる生活を支える制震技術

壊れないから揺れないへ。暮らしを守る弊社の技術。 優れた耐震性(耐震等級3)を誇る、弊社独自の構造体にさらなる安心を求め“制震”の技術を取り入れました。建物全体の揺れを抑えることで、家具などの転倒を防止。「壊れない家」から「揺れない家」へ大きな進化を遂げました。

制震フレーム

制震+高耐震 震度6強の揺れを震度4程度へ低減します。

弊社が独自に開発した高耐力フレームと制震フレームをバランス良く配置。地震による揺れを粘弾性ダンパーが吸収することで揺れを軽減し、家具などの転倒を防止します。

型式適合認定
固定していない重い家具が移動、転倒します。
戸が外れて飛ぶことがあります。
型式適合認定
つり下げ物は大きく揺れ、棚にある食器類は音を立てるが重い家具などは、ほとんど倒れません。

制震フレーム 揺れを抑える先進技術「制震フレーム」

揺れない秘密は、自社開発の粘弾性ダンパーにあります。地震による揺れを粘弾性ダンパーが吸収することで揺れを軽減し、柱・梁の損傷を防ぎます。

粘弾性ダンパーの基本構造
【 制震フレーム 】
制震フレーム
【 粘弾性ダンパー拡大図 】
粘弾性ダンパー拡大図

※鋼板を一部カットして粘弾性体が見える状態にしてあります。

粘弾性ダンパーとは
粘弾性ダンパーは地震のエネルギーを吸収する高分子ゴム(粘弾性体)を鋼板で挟み込み、地震エネルギーの吸収効率を向上させるものです。
粘弾性体とは
速度をゼロに保つ性質の粘性体と変形を元に戻す性質の弾性体それぞれの性質を合わせ持つ材料です。

特急取得認定書

制震フレーム構造評定書

制震フレームとして、揺れを吸収する制震性能について認定を受けています。
(財)日本建築センター
(2006年10月)

型式適合認定書

同一の形式で量産される
「建物の構造・防火・設備など」について、一定の建築基準法に適合しており、確認審査の期間短縮が見込まれ、早期着工につながります。
(財)日本建築センター
(2007年1月)

実験検証 実大振動実験

早稲田大学理工学部建築学科の曽田研究室にて制震フレームの実験を行ないました。

この実験は、試験装置に制震フレームをセットして下部を固定。上部にあるアクチュエータを動かして様々な地震波による揺れを機械的に再現し、制震フレームがその揺れの影響をどのように受けるかを見るものです。

高気圧アクチュエータと制震フレーム
50%震動低減

加速度応答値(揺れの大きさ)が、実験によるデータ解析により、50%以上低減されることが確認されました。

※エルセントロNS波300galに対する加速度応答比較
(早稲田大学の実験によるデータ)

地震時の制震フレームの動き

耐震設計法に基づいて設計された通常の建物は、柱・梁・壁など建物全体が変形することで地震エネルギーを吸収します。制震構造は、建物の骨組内に取り付けられた減衰性能のある制震装置(ダンパー)が地震エネルギーを吸収するため、大地震に伴う揺れも弾性範囲内に留め、柱・梁の損傷を防ぎます。

フレームも揺れがおさまるともとに戻り、取り替えの必要もありません。

地震に強い弊社独自開発の鋼管杭(ニューバースパイル)

シェルルシリーズで新工法誕生  基礎の品質と安全性をさらに高めた「鉄骨地中梁TC基礎工法」

高耐震技術を駆使した「シェルルシリーズ」で、新工法が誕生。
従来の基礎工事では、職人が1本1本結束した鉄筋を、型枠を使ってコンクリートで覆う「鉄筋コンクリート基礎工法」で行ないますが、この鉄筋を組む作業は工期が長く、また高度な技術が要求されるため、高い技術者の確保や、施工精度の均一化などへの対応が必要でした。
そこで、名古屋工業大学と協力し、独自開発されたのが「鉄骨地中梁TC基礎工法」です。

ナスラックおすすめ動画

自社工場のご紹介

「鉄骨地中梁TC基礎工法」の特長

「鉄骨地中梁TC基礎工法」は、「鉄筋」の替わりに、コンクリートで皮膜した「鉄骨梁」を地中梁として使う工法のため、施工者の技量に左右されることなく、基礎工事の精度が高いことが最大の特長です。

「鉄骨地中梁TC基礎工法」では、鉄筋や型枠を組む必要がないため工期が大幅に短縮された他、弊社で独自開発された鋼管杭「ニューバースパイル」と「鉄骨地中梁」を連結することにより、残土処理や施工時の養生期間も必要がなくなったため、工期短縮とコストダウンをWで実現。さらに、地盤の弱い土地への対応も可能となりました。

この「鉄骨地中梁TC基礎工法」により、価格を抑えながら、品質と安全性を高めた賃貸マンション・賃貸アパートを、お施主様に早く引き渡すことを実現します。

「鉄骨地中梁TC基礎工法」は、第三者評価機関による「建築技術に係る任意評価(日本ERI株式会社)」及び、特許を取得しています。

建築技術に係る任意評価

建築物の構法等の性能について、建築基準法、品確法の基準、及びその他技術基準を用い、その分野の専門とする学識経験者によって審査・評価を行なうもので、本工法の性能が、第三者評価機関に認められたことを証明したものです。

特許取得 鉄骨地中梁TC基礎工法

東建グループ独自開発の特許技術である「鉄骨地中梁TC基礎工法」は、高耐震鉄骨造アパートの鋼管杭の上に鉄骨梁を設置し、コンクリートで固める工法です。
従来の基礎工法と比べて、工期短縮、コスト削減に威力を発揮します。鉄骨地中梁、鋼管杭にも弊社製品を採用。厳しい社内検査に合格した高品質な製品です。

名古屋工業大学(共同開発)での実験風景
特許証
鋼管杭(ニューバースパイル)製造工程

鉄骨地中梁TC基礎工法で使用する特殊な鋼管杭の製造工程を写真付きでご覧頂けます。

耐震性:進化した工業化住宅!!東建グループの新技術・基礎工事

東建グループで独自開発された新技術「鉄骨地中梁TC基礎工法」について、詳しくご紹介します。

工期短縮
鉄筋・型枠工事の削減により、工期短縮が可能となりました。
コスト削減
鉄筋・型枠工事を大幅に削減することで、コスト削減を可能にしました。
高品質
工場製作した鉄骨梁を地中梁に使用することで、高い品質を確保できます。
「鉄骨地中梁TC基礎工法」施工手順

「鉄骨地中梁TC基礎工法」の施工手順について、ご紹介します。

鋼管杭回転貫入
掘削・捨てコン
連結金物設置
鉄骨梁設置
型枠設置
コンクリート打設
完成
鋼管杭(ニューバースパイル)の特長

弊社の鋼管杭(ニューバースパイル)は、東建グループの木造2×4工法商品、高耐震鉄骨造商品(シェルルシリーズ)を対象に、ローコストな基礎補強が行なえます。鋼管杭(ニューバースパイル)は、施工時に残土が発生しないため残土処理の必要がなく、施工時の養生期間も不要なため工期短縮につながります。

鋼管杭
  1. 環境に配慮

    施工機械はコンパクトで、低騒音・低振動、水質汚染の心配がなく、残土も発生致しません。(※1)

  2. 撤去が容易

    将来的に撤去を行なう際、柱状改良と比較し撤去が容易であり、安価に行なえます。

  3. 工期短縮

    養生期間が不要なため、杭工事後、すぐに基礎堀削の着手が可能となり、養生が必要な柱状改良と比較し、工期短縮が図れます。

  4. ローコストな基礎補強

    弊社で材料の供給体制を一元管理することにより、東建グループではコストダウンを実現し、ローコストな基礎補強をご提案しております。

  5. (※1)一般的に柱状改良で使用される、セメント系固化材(六価クロム)を使用しないため、水汚染や土壌汚染の心配がありません。
  • 極小地での施工が容易
  • 20年保証(※2)
  • 施工後の強度確認が不要
  • (※2)地盤の不同沈下に起因する建物の損害を保証致します。

東建コーポレーションの建築商品「シェルルシリーズ」の鉄骨素材や外壁・屋根パネル、内装建材を生産しているナスラック株式会社NK深谷工場。耐震等級3の優れた耐震性を誇るシェルルシリーズ。その基礎を支える独自開発の「高耐力フレーム」は弊社の特許技術です。高耐力フレームを導入することで「壊れない家」であることはもちろん、「揺れない家」を実現します。また、基礎工事では画期的な新工法である「鉄骨地中梁TC基礎工法」を開発し、工法に使用する独自開発の鋼管杭(ニューバースパイル)を生産しています。建築物件のオーナー様やご入居者様に安心して暮らして頂けるよう、安全性・クオリティの高い製品を生産して参ります。

ページの先頭へ