もっと素敵に もっと楽しく/ナスラック

アニメーション
  • 大
  • 中
  • 小

ナスラック鎌倉工場 製品ライン

ナスラック鎌倉工場では良質な素材にこだわり、高品質な製品を効率良く造り上げる生産システムを構築しました。製造ラインには、世界に誇る最先端の多機能設備を整えています。ステンレスコイルから材料を切り出し、研磨から保護フィルム貼り、切断までをこなすブランキングライン、材料の自動搬入、絞りやトリミングを同時進行するタンデムラインなど、製品の品質維持はもちろん、生産の効率化にも貢献しています。

ワークトップライン

ワークトップ完成までの工程

ブランキングライン/コイル切断

ステンレスコイルから所定の長さに板を切り出します。
同時に研磨・保護フィルム貼りができ、シンク絞り用に八角形の板の切り出しもできます。

引き出し
引き出し

コイルから引き出します。

研磨
研磨

板を研磨します。(研磨目を付ける)

保護フィルム貼り
保護フィルム貼り

保護フィルムを貼ります。

計測
計測

切断するための長さを計測します。

裁断
裁断

直線切断の他、八角形の切断もできます。

搬出
搬出

切断した板が重ねられ、所定の枚数になったら搬出します。

タンデムライン/ワークトップ(天板)ステンレス加工

金型を利用し、深絞り技術で厚さ0.6~0.8mmのステンレスの板を桶のような形状のシンクに加工します。

深絞り
深絞り

プレス機でシンクの形状に絞ります。

搬出
搬出

絞られたシンクを取り出します。


シンク加工

システムトップライン/ワークトップ(天板)ステンレス加工

金型を利用し、切断、孔明け、折曲などを行ない、ステンレス板を天板に加工します。

浅絞り
浅絞り

シンクまわりの水返しの浅絞りを行ない、シンク溶接用の孔も明けます。

切断
切断

レーザー光線でステンレス板を曲線など自在に切断します。システムトップのL配列の45度突合せ部の切断やステンレス部材を加工します。

孔明け
孔明け

シンク溶接用、ガス器具用の孔を明けます。

折曲
折曲

間口方向の折曲を行ないます。

溶接
溶接

シンクと天板を溶接します。

研磨
研磨

シンクと天板の溶接線(ビート)を研磨し、仕上げます。

仕上げ
仕上げ

天板に裏板を貼り付け、シンクに制振材や結露防止カバーを取付け、ワークトップに仕上げます。

梱包・出荷
梱包・出荷

同梱品とともに梱包し出荷します。


ワークトップ完成

キャビネットライン

キャビネットライン完成までの工程

ブランキングライン/コイル切断

ステンレスコイルから所定の長さに板を切り出します。同時に研磨・保護フィルム貼りができます。

引き出し
引き出し

コイルから引き出します。

研磨
研磨

板を研磨します。(研磨目を付ける)

保護フィルム貼り
保護フィルム貼り

保護フィルムを貼ります。

計測
計測

切断するための長さを計測します。

裁断
裁断

裁断機でステンレスを切断します。

搬出
搬出

切断した板が重ねられ、所定の枚数になったら搬出します。

プレスライン/部品ステンレス加工

金型を利用し、切断、孔明け、折曲など行ない、ステンレス板を部材に加工します。

プレスブレーキ
プレスブレーキ

金型を利用し、折曲、切り欠きなどを行ないます。ステンレス部材からセットトップまで、様々な加工が可能です。

タレパン加工
タレパン加工

ステンレス板を様々な形に切り出します。抜き型は、回転するターレットに保管されており、プログラムで必要な抜き型が自動的に選択されます。

シャー
シャー

ステンレス板を所定の長さに切ります。

加工プレス・搬送
加工プレス・搬送

ステンレスキャビネット部材、セットトップ部材を加工する単独プレスの他、搬送ロボットが部材を自動搬送し、連続して加工する6基のプレスもあります。

プレス加工
プレス加工

ステンレスキャビネット部材を加工するプレスで、コイルから直接、孔明けや折曲を行ないます。

側板加工ライン/側板加工

切断
切断

化粧板を切断します。

縁貼機
縁貼機

切断した化粧板の縁に樹脂を貼り付けます。

立体倉庫/部品準備

部品準備
部品準備

立体倉庫から必要な部品を取り出します。

組立てラインへ

組立てライン/部品加工・組立て

背板・側板・扉などにレールや取手などを取付けます。

取付け
取付け

背板・側板・扉などにレールや取手などを取付けます。

糊付け・圧着
糊付け・圧着

部材に糊付けをし、圧着します。

部材加工
部材加工

パッキンを打ち付けます。

ダボ孔
ダボ孔

ダボ孔を明けます。

扉加工
扉加工

扉の加工をします。

引出しの組立て
引出しの組立て

引出しを組立てます。

丁番の取付け
丁番の取付け

扉取付け用の座金を取付けます。

キャビネットの組立て
キャビネットの組立て

本体を組立てます。

検査・梱包
検査・梱包

検査員が確認したのち、同梱品とともに梱包し出荷します。


キャビネット完成

出荷

お客様の元へお届け。現地で組立て致します。

ナスラック鎌倉工場が誇る、最先端設備を駆使した生産ライン。良質な素材を効率的かつ丁寧に組み上げるその生産ラインで、日々ナスラック自慢の水まわり製品を生み出しています。こちらのページでは、ナスラック鎌倉工場の生産ラインを詳細な写真と共にご紹介。ナスラック製品ができあがるまでの過程を、ぜひご確認下さい。ナスラック鎌倉工場では、大まかに「ワークトップライン」と「キャビネットライン」に分かれて製造を行なっております。そしてさらに、板を切り出して加工する「ブランキングライン」や、その板を部材にする「プレスライン」「加工ライン」などに細かく分けて生産をしています。このように工程を細かく分けてそれぞれに適した最先端設備を使用することで、スムーズで高品質な製品造りを実現しているナスラック鎌倉工場。ナスラック鎌倉工場はこれからも、お客様にご満足頂ける製品をご提供致します。

ページの先頭へ