はじめてのキッチンリフォームのポイント3
キッチンカラー/色の選び方


ポイント3 キッチンカラー・
色の選び方

キッチンのレイアウトが決まったら、次はキッチンカラーを考えましょう。キッチンカラーはリビングやダイニングとのバランスを考慮するのがポイントです。色の選び方によってキッチンの印象は大きく変わります。どんな印象のキッチンにするのか参考にしてみて下さい。

キッチンカラー・
色の選び方

キッチンの色を決める際の流れを説明します。扉カラーだけでなく、扉の取手のデザイン、キッチンパーツに使用する素材でも雰囲気が変わります。

  • STEP
    1
    お部屋の色、インテリアなどを基準に、メインカラーを決める
  • STEP
    2
    ワークトップや扉素材など、全体の雰囲気と予算をあわせて考える
  • STEP
    3
    ショールームにて、実際のカラーや素材感を確認し、イメージに沿った物かを確認する
キッチン
  • 扉デザイン・カラー

    色・柄/材質・質感
    /扉形状/取手形状

  • キッチンパネル

    色・柄/材質・質感

  • ワークトップ(天板)

    色・柄/材質・質感

  • レンジフード

    機能/デザイン/色

  • コンロ

    機能/デザイン/色

キッチンのメインカラー・
色の選び方

色選びのポイント

キッチンのメインカラー選びで大切なことは、床・天井・壁・ソファなど大きな家具の色とのバランスです。メインカラー選びでは、次の2つがポイントです。

  • 統一感を出すために、床や天井、家具の色などのインテリアに合わせた同系色を選ぶ。

  • アクセントカラーを使う場合は、インテリアの色味を抑えるか、インテリアの色味に近い色を選ぶ。

部屋の広さとキッチンカラーの関係性

同じ色でも、部屋の広さによって印象が大きく異なります。部屋の広さも考慮して、キッチンの色を選びましょう。

部屋を広く見せる色

部屋を広く見せる色

明るいトーンの色や薄い色は「膨張色」と言って大きく広がって見える効果があります。
部屋を意識的に広く見せたい場合は、薄い色や淡い色を選ぶと良いでしょう。

スタイリッシュで
引き締まって見える色

スタイリッシュで引き締まって見える色

濃い色、暗めの色はキッチンをくっきり見せ、部屋に引き締まった印象を与えます。キッチンをインテリアの一部と考え、存在感を持たせたい場合には濃い色を選択すると良いでしょう。

キッチンカラー・
色の種類

主なキッチンカラー・色とその特長をご紹介致します。

ベーシックカラー

ホワイト系

ホワイト系

シンプルで飽きの来ないホワイト系。ホワイトは他の色とも調和しやすい色です。

空間をすっきりとまとめ、明るく開放的かつ清潔感のある印象を与えます。汚れがつくと目立ちやすいですが、お手入れをすれば問題はありません。

パステル系

パステル系

女性に人気のパステルカラー。明るくてかわいらしい、やわらかい印象のキッチンになります。

また、グレーなどと組合せると、クールでシックな印象に。淡い色味ではありますが、汚れはそれほど気になりません。

レッド系

レッド系

モダン・エッジを効かせたインテリアにピッタリな赤。赤は主張が強く扱いが難しい色です。キッチン全体を赤色にするのではなく、適度に他の色を取り入れ、バランスを取りましょう。

また、濃い赤色(ワインレッド等)の場合は、床や壁の色を濃い目にすると上品な空間を演出できます。

ビタミンカラー系

ビタミンカラー系

ビタミンカラー(イエロー・オレンジ・グリーンなど)はキッチンと相性が良い色となります。

イエローや黄緑の場合、床や壁は薄めの明るい色との相性が良いです。

濃いグリーンにしたい場合は、濃い色の床や壁だと、バランスが取れます。

ブラック系

ブラック系

ブラック系はモダンでクールな印象を与え、白い壁や天井との相性もピッタリ。上手く取り入れると、高級感がありスタイリッシュな空間をつくることができます。

黒一色ではなく、ワークトップや取手部分に、明るい色やステンレス素材を使うと、全体の雰囲気が重くなりすぎません。

ブルー系

ブルー系

ブルー系は爽やかさ・クールな印象をもたらします。フローリングなど、木製の建具と組合せると、暖かみが出ます。

寒色であるブルー系は部屋を広く見せる効果があり、開放感を出したい方にもおすすめです。しかし、濃いブルーの場合は逆に圧迫感を感じることもあるので、色の濃さで雰囲気が大きく変わります。

ステンレス

ステンレス

無機質なイメージを与えるステンレス。モダンなインテリアにはもちろん、木目のような異素材など様々なインテリアに合わせることが可能で、耐熱性・耐久性など機能性にも優れています。

ステンレスにはグレードがあり、ナスラックでは「18-8ステンレス」という高品質素材を使用しています。

柄あり(木目調)

柄あり(木目調)
柄あり(木目調)
柄あり(木目調)

暖かみがあり、ナチュラルな印象を与える木目調は、落ち着いた印象になります。
木目調のキッチンにする場合は、フローリングの色と合わせると、空間の統一感が出るでしょう。

ツートンカラー

キッチンセットは上下別々の色にもできます。上下の色を変えることで、濃い色を使用しても、開放感のある空間を演出することが可能です。

色の組合せに悩む場合には、ホワイトと組合せてみることをおすすめします。ホワイトはどの色とも相性が良いため、華やかな色と組合せても周りのインテリアと馴染みやすくなるでしょう。

キッチンはインテリア全体にも大きな影響を与え、かつ長く使う物です。キッチンカラーがインテリアと調和しているか、長く愛用できる色かも考えて、キッチンの色選びをしましょう。

上部:濃い色  下部:薄い色

上部:濃い色 下部:薄い色

吊戸棚など上部に濃い色を入れ、フロアキャビネットなど下部を周りの色味に合わせると、インテリアの統一感を崩しません。

上部:薄い色  下部:濃い色

上部:薄い色 下部:濃い色

吊戸棚など上部を天井の色に合わせ、フロアキャビネットなど下部を濃い色にすると、濃い色を使っても重くなりすぎません。

鏡面仕上げ・つや消し仕上げでも
印象が変わる

キッチンカラーはキッチンセットの仕上げ方でも色の印象が変わります。
同じ色でもメーカーによって異なる仕上げ方法となることがありますので、キッチンカラーだけでなく、仕上げ方がインテリアとマッチしているかもチェックしましょう。

鏡面仕上げ

鏡面仕上げは、鏡のような光沢のある仕上がりが特長。高価になりますが、高級感のあるキッチンに仕上がります。比較的華やかな色のキッチンに多い仕上げです。

つや消し仕上げ(マット)

マットとも呼ばれる、光沢が出ない仕上げ方法。ナチュラルかつ落ち着いた印象のキッチンにしたい場合におすすめです。

キッチンの日当たり、照明にも注意

キッチンカラーを決める際には、キッチンを設置する場所の日当たり・照明の明るさも考慮しましょう。例えば暗い色の場合、日当たりが良い場所では色の重さが緩和されます。逆に明るさが少ない場所では、キッチンがさらに暗い印象となる可能性があるため、重すぎる雰囲気にしたくない場合は注意が必要です。

また、ショールームで見た色の印象と、実際の部屋の中で見たときの印象が変わってしまうこともあります。設置予定箇所の明るさを考慮して、キッチンカラーを決めましょう。

日当たりが良い場合
日差し・明かりが少ない場合

素材・細部を選ぶ

キッチンは色だけでなく、キッチンセットの素材感や扉のデザインでも印象が左右されます。同じキッチンセットの色でも、ワークトップの素材やアクセントにする色によって雰囲気が変わりますので、色々試してみて下さい。

ステンレス 人造大理石 メラミン

ワークトップ(天板)素材の種類と
インテリアのポイント

ワークトップはキッチンの中でも面積が大きいため、全体の色味や雰囲気に与える影響は大きくなるでしょう。ワークトップの素材は複数あり、それぞれの特長を解説致します。

ステンレス

ステンレス

モダンなインテリアにピッタリなステンレス。無機質な印象を受けますが、キッチンを都会的かつシャープな雰囲気に仕上げることが可能。

ナスラックでは、「ヘアライン」と「バイブレーション」等のステンレス天板を持っております。

※キッチンシリーズにより異なります。

クォーツストーン

クォーツストーン

クォーツストーンとは、主成分が水晶でできた、人造石です。天然石の美しさを持つため、高級感のあるインテリアにマッチします。カラーも複数あり、キッチンセットの色に合わせて組合せることが可能です。

ナスラックでは、複数の柄とカラーがあり、お気に入りのクォーツストーン天板を選ぶことができます。

※キッチンシリーズにより異なります。

人造大理石

人造大理石

カラーバリエーションと柄が豊富なため、インテリア性が高く、多彩なコーディネイトが可能な人造大理石。人造大理石ならではの高級感と落ち着いた雰囲気が魅力です。

ナスラックでは、複数の柄とカラーの選択が可能で、お気に入りの人造大理石天板を選ぶことができます。

※キッチンシリーズにより異なります。

天然石

天然石

天然石は磨くとツヤが出て、人工石では味わえない質感と高級感がある素材です。より上品かつ高級感のある空間作りをしたい方におすすめ。

また、天然の石なので、唯一無二の石の模様を楽しめる点も特長です。

※ナスラックでは、天然石の天板は取り扱いがございません。ご了承下さい。

セラミック

セラミック

重厚かつスタイリッシュな風合いが特長のセラミック素材。焼き物ならではの雰囲気がキッチンの印象を引き締めます。モダンなインテリア、都会的なインテリアを好む方におすすめです。

ナスラックでは、複数の柄とカラーがあり、お気に入りのセラミック天板を選ぶことができます。

※キッチンシリーズにより異なります。

メラミン

メラミン

コストを抑えつつインテリア性を求められるメラミンのワークトップ。メラミンは色柄が豊富で、木目調・花柄といったデザインがあり、より個性的なキッチンにすることができます。またコスト面でも比較的リーズナブルな素材です。

ナスラックでは、複数の柄を用意しており、お気に入りのメラミン天板を選ぶことができます。

※キッチンシリーズにより異なります。

タイル

タイル

かわいらしく、暖かみのあるキッチンになるタイル。カントリー風、ナチュラルなインテリアによく合います。自分の好きなタイルの大きさやデザインを選べるため、より個性的なキッチンにしたい方におすすめです。

※ナスラックでは、タイル製天板は取り扱いがございません。ご了承下さい。

木

暖かみのある素材感が特長の木材。ワークトップにも木材を使用することで、よりナチュラルかつ、ぬくもりのあるインテリアに仕上がります。

※ナスラックでは、木製天板は取り扱いがございません。ご了承下さい。

取手のデザインを選ぶ

キッチンは、細部の部材を変えるだけでも表情が変わります。例えばキャビネットの取手も、細い物にするとデザイン性が増しますので、デザイン性と機能性のバランスを取りながら、部材を選んでみて下さい。

取手のデザイン
取手のデザイン

ショールームで
実際の色味を確認する

キッチンカラーは
ショールームでも確認

キッチンカラーはショールームでも確認

キッチンカラーのチェックは、ショールームも活用してみて下さい。キッチンの色はその面積が大きいほど明るく、鮮やかに見える特性があります。ショールームなら取手など他のパーツとのバランスも確認でき、不明なことや迷ったときはショールームアドバイザーに相談することもできます。

ショールームに色の確認に行く際には、キッチンまわりの床・壁・天井の写真や素材サンプルをお持ち頂くことをおすすめします。実際のキッチンの色と合わせて見ることで、より具体的にインテリアのバランスをイメージすることができます。

ショールームに行けない場合は
カラーシミュレーターで確認

ショールームに行くことが難しい場合には、各メーカーがwebサイト等で用意しているキッチンカラーのシミュレーターで確認しましょう。シミュレーターを使用すれば、希望するキッチンの型でキッチン全体のカラーの確認をすることが可能です。ショールームに希望する色のキッチンセットの見本がない場合も活用できます。

ただし、メーカーによってはシミュレーターを用意していない、シミュレーションできるキッチンセットが限られている場合があります。シミュレーターをメインに色を決める場合には、必ずご希望のキッチンがシミュレーションに対応しているか確認しましょう。

商品・リフォームのお問合せ・ご相談

  • マイルームプランナー

    マイルームプランナー

    カラーや素材を選んで、お客様オリジナルのシステムキッチンやユニット家具を制作できる、3Dシミュレーターです。

  • 全国販売店・工務店検索

    全国販売店・工務店検索

    ナスラックの商品を取り扱っている販売店・工務店を全国から検索できます。
    様々な商品を取り揃えて、お客様をお待ちしております。

  • リフォームお問合せ

    リフォームお問合せ

    リフォームに関して不明点や疑問点がありましたらお気軽にお問合せ下さい。お客様のライフスタイルに合ったリフォームをご提案致します。

  • カタログ請求

    カタログ請求

    ナスラックの各種パンフレットや商品カタログをご覧頂けます。
    また、ご希望の方にはパンフレットの送付も承ります。

  • 商品お問合せ

    商品お問合せ

    商品やサービスに関するお問合せ、ご相談を電話やメールで承ります。フリーダイヤル回線を開設しておりますので、お気軽にご連絡下さい。

ナスラックでは、はじめてのキッチンリフォームの参考になる、キッチンカラーや素材について紹介します。キッチンのメインカラーは、壁や床など周りのインテリアと合わせることで、部屋に広がりを持たせたり、統一感を出したりすることが可能です。他にも鏡面仕上げやつや消し、細部の部品の素材感で、キッチンの印象は大きく変わります。気になるカラーや素材があれば、ショールームで実物を確認しましょう。ナスラックではwebサイトで使えるキッチンカラーシミュレーターをご用意していますので、こちらも合わせてご活用下さい。