ステンレスを使ったキッチンの
メリットについて解説!
人造大理石天板との比較も

ステンレスを使ったキッチンのメリットについて解説!人造大理石天板との比較も

ステンレスを使ったキッチンのメリットについて解説!
人造大理石天板との比較も

キッチンをステンレス製にするとたくさんのメリットがありますが、扱いに注意しなければならない点もあります。そのような性質について、他の素材と比較しながら解説します。また、ナスラックのステンレスキッチンの特徴についてもご紹介しますので、ぜひチェックしてみて下さい。

キッチンにステンレスを
使用するメリット

キッチンにステンレスを使用するメリット

「ステンレスキッチン」とは、キャビネットがステンレスで造られているキッチンの総称です。このうち、天板も扉もすべてステンレス製にしたキッチンを「オールステンレスキッチン」と呼びます。

まずは、キッチンにステンレスを使用するメリットについてご紹介します。

キッチンにステンレスを使用するメリット

  • サビに強い
  • 清掃性が高く衛生的
  • 水に強く丈夫
  • 熱や衝撃に強い
  • 人と環境に優しい
  • スタイリッシュなデザイン
  • リーズナブル
  • サビに強い

    サビに強い

    ステンレスを英語表記にすると「Stain less」。つまりStain(サビ)less(ない)という意味です。その言葉通り、サビにくい性質を持っています。ステンレスの表面にある「不動態皮膜」という保護皮膜のおかげで、もし傷が付いても瞬時に修復され、サビの発生を防ぐことができます。

  • 清掃性が高く衛生的

    清掃性が高く衛生的

    ステンレスは粒子結晶が細かいため、汚れが染み込みにくくなっています。そのため、天板や扉に料理などを溢してしまった場合でも、ステンレスなら、サッと拭き取るだけで汚れを簡単に落とすことができます。また臭いが残りにくい特性もあるので、どんな食材や調味料も気兼ねなく使えます。

  • 水に強く丈夫

    水に強く丈夫

    シンク下の扉など、作業中に水がかかってしまうことが多々あると思いますが、ステンレス製のキャビネットや扉であれば品質劣化を抑えることができます。また、カビも発生しにくいため、キャビネット内などあまり掃除ができない場所でも、ずっと清潔に使い続けられます。

  • 熱や衝撃に強い

    熱や衝撃に強い

    ステンレスはその特性上、「耐熱性」と「柔軟性」に非常に優れています。天板にステンレスを使用すれば、熱いフライパンなどを置いても焦げ付きにくく、重い物を落としても少しへこむ場合はありますが、割れたり欠けたりすることはありません。

  • 人と環境に優しい

    人と環境に優しい

    ステンレスは人の口に触れる食器にも使われているほど、衛生的な素材です。年月が経過しても品質劣化が少ないため、リサイクルに適した環境に優しい素材です。現在生産されているステンレスの約80%がリサイクルされていると言われています。品質劣化も少なく、ほぼ高品質のまま再利用されているので、人間にも環境にも優しい素材と言えます。

  • スタイリッシュなデザイン

    スタイリッシュなデザイン

    シャープな見た目のステンレス。キャビネットと天板、扉をステンレスで統一する「オールステンレスキッチン」なら、キッチンをスタイリッシュでスマートな雰囲気に変えてくれます。他の素材との相性も良いので、どんなお部屋やインテリアとも合わせやすいです。

  • リーズナブル

    リーズナブル

    ワークトップの素材にはステンレスを始め、人造大理石や天然石、クォーツなど様々な物があります。その中でもステンレスは他の素材のキッチンより比較的お求めやすい価格です。耐水性・耐熱性・耐久性に優れ、長く使えるため、メンテナンス費用も抑えられ経済的です。

ステンレスキッチンを
使用する際の注意点

優れた特徴を多く持つステンレスですが、長く使用していく上で注意しなければならない点もあります。こちらでは、ステンレスのキッチンを使用する際に特に注意が必要な3つの点を紹介します。

キッチンにステンレスを使用する注意点

  • 水垢や石鹸カスの汚れ
  • 傷が付きやすい
  • サビが発生することもある

水垢や石鹸カスの汚れ

  • 水垢や石鹸カスの汚れ

    毎日の家事で水を頻繁に使っていると、水垢や石鹸カス、ヌメリなどといった様々な汚れが溜まります。汚れに強いステンレスと言っても、放置するとだんだん汚れが落としづらくなってきます。台所用洗剤を使ってこまめに掃除するようにしましょう。汚れがひどい場合は、重曹やクエン酸水を使用して水垢や石鹸カスを掃除することができます。

    キッチン周りのお掃除については以下で詳しく説明していますので、ぜひご覧下さい。

傷が付きやすい

  • 傷が付きやすい

    ステンレスは傷の付きやすい素材でもあります。特に髪の毛のように細かい線の入ったヘアライン加工の天板は、丁寧に扱っていても知らないうちに表面に小さな傷ができてしまうことも。傷が気になる方は、表面に傷が付きにくく、また傷が付いても目立ちにくく加工されている「エンボス加工」やランダムな波模様の「バイブレーション加工」されたステンレス天板がおすすめです。

    ただし、傷が付いてしまってもステンレスの性質や特徴が変わることはありませんのでご安心下さい。

サビが発生することもある

  • サビが発生することもある

    サビにくいとは言え、決してサビないわけではありません。「強力な塩素系の洗剤」などが付いたまま放置するとサビが発生してしまうので注意が必要です。また、キッチンの上にスチール缶やヘアピンなど、他の金属を長時間置きっぱなしにしていると、キッチンにサビが移る「もらいサビ」という現象が発生してしまうこともあります。

    いずれも迅速に対処すればサビを回避することができます。軽いもらいサビはクリームクレンザーなどで割と簡単に落とせますので、早めに対処しましょう。

ステンレス天板と
人造大理石天板の比較

ステンレスと同じくらい天板に使用する素材として人気の高い人造大理石。それぞれ天板として使用する場合、どのような特徴があるのか比較してみました。

耐久性 耐熱性 防汚性 清掃性 寿 命 種 類 価 格
ステンレス
天板
人造大理石
天板

※耐久性:割れたり欠けたりしにくいかどうかで評価しています。

ステンレス

ステンレス

スタイリッシュで高級感があるという声もあり、どんなお部屋にも溶け込みやすく、自分好みにリメイクすることもできます。耐久性・耐熱性・清掃性などあらゆる面に優れており、プロの料理人の厨房にも使われるほど機能性に優れているステンレスキッチンです。一方で、種類が少なく、しばしば無機質なイメージを持たれてしまいます。

人造大理石

人造大理石

人造大理石とは主に樹脂を原料として造られた人工素材のことで、「アクリル系樹脂」と「ポリエステル系樹脂」の2種類に分かれます。アクリル系樹脂は耐久性や清掃性などの性能が高く、加工性に優れ、色やデザインのバリエーションが豊富です。一方、ポリエステル系樹脂は、アクリル系樹脂に比べると性能は少し劣りますが、コストを比較的抑えることができます。どちらも耐熱性は十分にありますが、変色する可能性がありますので、熱い鍋などを置くのは止めましょう。

ナスラックおすすめの
ステンレスキッチン

ナスラックでは、各シリーズにステンレスの特徴を活かしたキッチンをご用意しています。ここでは、オールステンレスキッチンを始め、天板や扉にステンレスを使用したキッチンや天板とキャビネットにステンレスを使用したキッチンを紹介します。ぜひお気に入りの商品を見つけてみて下さい。

  • セスパ

    ステンレス採用箇所

    • 天板
    • キャビネット

    素材にこだわり、真の機能美を追求した最高級のオールステンレスのシステムキッチンです。天板からキャビネットのすみずみまでステンレスを採用。ナスラックのステンレスキッチンを代表とするシリーズです。天板については、人造大理石やセラミックなど他の素材もご用意しておりますので、お好みで変更することも可能です。

  • バゼロ

    ステンレス採用箇所

    • 天板

    「家具のようなキッチン」をテーマに、スタイリッシュでシンプルなデザインで、多彩な空間にフィットします。厚みの薄い天板などデザインを重視しながらも、使う人の視点から考えた機能性のある設備機器を設置。好みに合わせて楽しめるキッチンです。

  • ベルフラワー

    ステンレス採用箇所

    • 天板
    • キャビネット

    ※キャビネットはSプランのみ

    ライフスタイルに合わせて新築からリフォームまで幅広く対応できるオールマイティなキッチンです。機能や価格帯の異なるL・B・Sの3つのプランから選ぶことができ、オプションでお好みの仕様に変更することもできます。

  • リヴィエール

    ※写真の天板は人造大理石です

    ステンレス採用箇所

    • 天板

    小さな間取りにもフィットする「コンパクトキッチン」です。サイズや扉カラー展開が豊富で、限られた空間の中でもキッチンを彩ることができます。コンパクトサイズでも必要な機能が備わっており、効率的に作業できる工夫が施されています。

  • パルテエジ

    ステンレス採用箇所

    • 天板
    • キャビネット

    それぞれ独立した流し台や調理台、コンロ台などを組み合わせて配置する「オールステンレスのセクショナルキッチン」です。取り替えたいパーツごとに交換することができます。扉は樹脂性ですが、天板に水ダレキャッチガードが付いているので扉を水に濡らさずに作業できます。

ナスラックの
ステンレスキッチンの特徴

キッチンにステンレスを使用することには様々なメリットがあります。そのなかでも、ナスラックのキッチンは使う人の立場になって考えられており、機能性抜群です。ここでは、ナスラックのステンレスキッチンの特徴を7つ紹介します。

天板の形状

3方立ち上げトップ(I型・L型用)

採用商品
  • セスパ
  • バゼロ
  • ベルフラワー
  • リヴィエール
3方立ち上げトップ(I型・L型用)

後ろと左右の3方向の縁を継ぎ目なく立ち上げたラウンド設計。汚れが拭き取りやすく、立ち上がりが50ミリもあるので、水を流してお掃除しても水が床にこぼれないのが安心です。前方にも10ミリの水返しが付いています。

3方水返しトップ(I型・L型用)

採用商品
  • セスパ
  • バゼロ
  • ベルフラワー
  • リヴィエール
3方水返しトップ(I型・L型用)

すっきりとしたフラット天板の後ろと左右の3方向に継ぎ目のない15ミリの水返しの付いたデザイン性と機能性を両立させた形状。汚れをサッと拭き取ることができるので、清潔さを維持できます。

シンク

オールフランジトップ
(アイランド型・ペニンシュラ型用)

採用商品
  • セスパ
  • バゼロ
  • ベルフラワー
  • リヴィエール
オールフランジトップ(アイランド型・ペニンシュラ型用)

4方向に10ミリの水返しが付いたシンプルなデザイン。水がこぼれにくく、食材などを置いても転がり落ちにくいのが特徴です。水返しも10ミリと低いので、作業中も気にならない仕様です。

アンダーシンク

採用商品
  • セスパ
  • バゼロ
  • ベルフラワー
  • リヴィエール
アンダーシンク

天板とシンクに継ぎ目がなく、汚れが詰まりにくいシームレス接合。ステンレストップとの一体感が出て、よりスタイリッシュな印象になっています。

シンクの特徴についてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。

扉シリーズ

ステンシアシリーズ

採用商品
  • セスパ
  • バゼロ
  • ベルフラワー
  • リヴィエール
ステンシアシリーズ

キッチンと収納庫の扉カラーシリーズのひとつに、ステンレス素材の「ステンシアシリーズ」があります。

No.4という表面研磨仕上げをしており、シャープなデザインが演出できます。お好みに合わせて3種類のカラーがお選び頂けます。

キャビネット

オールステンレスキャビネット

採用商品
  • セスパ
  • バゼロ
  • ベルフラワー
  • リヴィエール
オールステンレスキャビネット

ナスラックのステンレスキッチンのキャビネットは、強度のある芯材でしっかりと枠組みしているため、丈夫で変形しにくくなっています。側板や底板、背板までオールステンレスなので、清掃性もより高いです。

※ベルフラワーはSプランのみ

引出し底板

採用商品
  • セスパ
  • バゼロ
  • ベルフラワー
  • リヴィエール
引出し底板

セスパとバゼロには、フロアキャビネットの引出し底板に標準でステンレスを採用しています。

調味料などで汚れてしまいがちな引出しですが、サッと拭くだけで汚れが落ちるので、お手入れがしやすいです。

※ベルフラワーはオプション設定

ステンレスキッチンは、

扱いに気を付ければ
長く使い続けられる!

ステンレスキッチンのメリットと注意点についてご説明しました。ステンレスは丈夫で美しく、清掃性に優れたとても人気の高い素材です。コストパフォーマンスに優れており、大事にお手入れしていれば、長く使い続けることができます。

ナスラックでは、独自の製法と高い技術力でステンレスキッチンを製造し続けています。強く、美しく、清潔なキッチンをぜひ実感してみて下さい。

商品・リフォームのお問合せ・ご相談

  • ショールーム

    ショールーム

    専門のショールームスタッフがお客様のご要望に応じてご提案致します。住空間全体を考えたトータルコーディネイトのプランニングも可能です。

  • 全国販売店・工務店検索

    全国販売店・工務店検索

    ナスラックの商品を取り扱っている販売店・工務店を全国から検索できます。
    様々な商品を取り揃えて、お客様をお待ちしております。

  • リフォームお問合せ

    リフォームお問合せ

    リフォームに関して不明点や疑問点がありましたらお気軽にお問合せ下さい。お客様のライフスタイルに合ったリフォームをご提案致します。

  • カタログ請求

    カタログ請求

    ナスラックの各種パンフレットや商品カタログをご覧頂けます。
    また、ご希望の方にはパンフレットの送付も承ります。

  • 商品お問合せ

    商品お問合せ

    商品やサービスに関するお問合せ、ご相談を電話やメールで承ります。フリーダイヤル回線を開設しておりますので、お気軽にご連絡下さい。