システムキッチンのサイズ(寸法)・
レイアウトとは? 決め方とコツをご紹介

システムキッチンのサイズ(寸法)
レイアウトとは?
決め方コツをご紹介

この記事の
監修者
田中 博昭

キッチンスペシャリスト

田中 博昭

ナスラック株式会社
製造販売部/設計積算課
課責任者

石川 依子

インテリアコーディネーター
キッチンスペシャリスト

石川 依子

ナスラック株式会社
製造販売部/商品開発課

システムキッチンには基本的なサイズ(寸法)・レイアウトがあります。リフォームや新しくシステムキッチンを購入する際、しっかりとレイアウトを考えると、さらに使いやすさが向上するということをご存知でしょうか?今回はシステムキッチンの基本的なサイズ(寸法)・レイアウトをご紹介致します。

システムキッチンの一般的な
規格サイズ(寸法)

一般的な規格サイズ(寸法)
奥 行 間口(横幅)
65センチ 180300センチ

システムキッチンの一般的な規格サイズは、奥行と間口が上記の大きさになります。
各キッチンメーカーの規格、オーダーメイドのシステムキッチンの場合でも、このサイズが一般的です。システムキッチンの奥行と間口についてそれぞれ詳しく解説致します。

システムキッチン寸法の基本1
奥行について

I 型・L 型キッチンの奥行

I 型

I型キッチンの奥行

L 型

L型キッチンの奥行

I・L型キッチンの奥行は65センチが一般的です。しかし、リフォームなどで、設置面積の制約がある場合には、奥行60センチのキッチンもご用意があります。

ペニンシュラ型・アイランド型の
キッチンの奥行

ペニンシュラ型・アイランド型のキッチンの奥行

ペニンシュラ型・アイランド型の奥行は75~100センチが一般的です。オーソドックスなサイズ感は奥行100センチ程度ですが、コンパクトサイズでは奥行75~80センチ程度も見られます。
リビング側への水の跳ね返りを考慮すると80センチ以上の奥行が理想的です。

システムキッチン寸法の基本2
間口(横幅)について

I 型

I型キッチンの間口

アイランド型

アイランド型キッチンの間口

システムキッチンの間口は180~300センチが一般的です。
システムキッチンはあまり間口を長く取りすぎると、それぞれの作業スペースの移動距離が長くなり、使いにくくなります。間口は長くとも240~270センチほどに納めると良いでしょう。
最適なキッチン作業スペースは「ワークトライアングル」を参考にしましょう。

間口の規格は15センチ刻み

間口の規格は15センチ刻み

間口の規格は15センチ刻みになっています。キッチンのワークトップでいうと、180センチの次が195センチ、次が210、225と15センチ間隔で大きくなります。キッチンメーカーが販売しているキッチン収納も、同じように15センチ刻みになっています。規格が決まっていることで、サイズの刻みがある程度限定されます。キッチンによっては、1センチ単位でサイズオーダーが可能な物もあります。

システムキッチン寸法の基本3
シンク、コンロの規格サイズ

シンク、コンロ

コンロ

コンロのサイズは間口60~75センチで、2~3ツ口の物が一般的です。メーカーによってはドロップインのスタイリッシュなタイプも存在します。ガスコンロやIHクッキングヒーターを組み合わせて使えます。

海外のスタイルを意識した、組み合わせ自由なタイプのコンロを取り扱うメーカーも増えています。

シンク

一般的なシステムキッチンのシンクの間口は、70~80センチが多く見られます。奥行は40センチ以上あれば、大きな鍋がゆったり洗えます。また排水口が左右どちらかの奥に位置していると、洗い物の最中もスムーズに水が流れて、水溜りの心配がありません。

シンクの規格サイズ
シンク、コンロ

システムキッチンの型

システムキッチンの型とは、主に以下の4つです。それぞれ特長を解説致します。

I 型キッチン

I型キッチン

I 型キッチンの特長

I型キッチンの特長

シンク、コンロを一直線に並べた最もシンプルかつ、基本的なシステムキッチンのレイアウトです。作業動線が横一直線で場所を取りません。

キッチンスペースを抑えたい方にはおすすめです。

I型キッチンの特長

I 型キッチンのサイズ

I型キッチンのサイズ
奥 行 間口(横幅)
65もしくは
60センチ
180300
センチ

作業台部分が極端に長いと作業効率が悪くなるので、間口の長さは280センチ程度までがおすすめです。

L 型キッチン

L型キッチン

L 型キッチンの特長

L型キッチンの特長

シンク・コンロがL字に設置されているため、作業動線の距離が短くなります。そのため作業効率が高くなるキッチンスタイルです。L型キッチンの特性上、コーナー部分をデッドスペースにしない工夫が必要です。

L型キッチンの特長

L 型キッチンのサイズ

L型キッチンのサイズ
奥 行
65センチ
間口a 間口b
195
255センチ
165
180センチ

ペニンシュラ型キッチン

ペニンシュラ型キッチン

ペニンシュラ型キッチンの特長

ペニンシュラ型キッチンの特長

キッチンの左右どちらかが壁に接している半島(ペニンシュラ)型のキッチンです。

加熱機器側が壁に面しています。

ペニンシュラ型キッチンの特長

ペニンシュラ型キッチンのサイズ

ペニンシュラ型キッチンのサイズ
奥 行 間口(横幅)
75
100センチ
180
270センチ

アイランド型キッチン

アイランド型キッチン

アイランド型キッチンの特長

アイランド型キッチンの特長

四方が壁と接していない、島(アイランド)型のキッチンです。壁に面していないため、キッチンの回りを回遊することができます。

アイランド型キッチンの特長

アイランド型キッチンのサイズ

アイランド型キッチンのサイズ
奥 行 間口(横幅)
75
100センチ
240
270センチ

ワークトップの左右通路には80センチ以上の空間が必要です。

作業別のシステムキッチンのスタイル

クローズドキッチン
(壁付けキッチン)

クローズドキッチン(壁付けキッチン)

クローズドキッチンの特長
(壁付けキッチン)

リビング・ダイニングとは独立したキッチンスペースで、システムキッチンを壁面に設置するタイプです。

壁を向いて作業をするキッチンスタイルです。

対応するキッチンの型:I 型/L 型

クローズドキッチン
(壁付けキッチン)のメリット
壁側を向いた作業のため、調理に集中しやすく、汚れなどの飛び跳ねもリビングからは気になりません。主に家族で使用するプライベート空間となります。
クローズドキッチン
(壁付けキッチン)のデメリット
家族に背を向けての作業となり、コミュニケーションがやや取りにくいという面があります。

セミオープンキッチン
(対面壁付けキッチン)

セミオープンキッチン(対面壁付けキッチン)

セミオープンキッチンの特長
(対面壁付けキッチン)

吊戸棚、コンロ前の壁で部分的にダイニングと仕切っているキッチンスタイルです。コミュニケーションを取りつつ、水はね防止、手元を隠すことが可能です。

対応するキッチンの型:I 型/L 型

セミオープンキッチン
(対面壁付けキッチン)のメリット
仕切りのカウンターが立ち上がっていることで、手元を隠すことができます。またクローズドキッチンに比べてやや開放的です。調理に集中しつつも、家族の様子を窺うことができます。
セミオープンキッチン
(対面壁付けキッチン)のデメリット
ダイニング・リビングからは調理スペースが確認しにくくなります。
キッチンを囲んで複数人での調理にはやや不向きとなります。

オープンキッチン
(対面オープンキッチン)

オープンキッチン(対面オープンキッチン)

オープンキッチンの特長
(対面オープンキッチン)

キッチンとリビング、ダイニングが仕切られていないため、調理をする人/調理しない人同士がコミュニケーションを取りやすくなります。

対応するキッチンの型:I 型/L 型/ペニンシュラ型/アイランド型

オープンキッチン
(対面オープンキッチン)のメリット
キッチン回りを自由に動けるので、多人数での料理に便利です。
リビング・ダイニングの様子が見渡せるので、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭でも安心です。
オープンキッチン
(対面オープンキッチン)のデメリット
調理スペースが常に見えるため、掃除や収納に気を配っておく必要があります。調理のにおいや油が生活スペースに広がりやすいというデメリットがありましたが、近年ではレンジフードの発達により、においや油の吸い上げが向上しているのでカバーがされつつあります。

システムキッチンのレイアウトを知る

システムキッチンのレイアウトは、一般的に本ページでご紹介した「システムキッチンの型」と「作業別のシステムキッチンのスタイル」で、大きく下記の9パターンを作ることができます。

※お使いのキッチンの形状や特別な仕様により異なる場合がございます。

システムキッチンの型 × 作業別のシステムキッチン
のスタイルによる9つのレイアウト

I 型

壁付けキッチン

壁付けキッチン 平面図
壁付けキッチン イメージ図

対面壁付けキッチン

対面壁付けキッチン 平面図
対面壁付けキッチン イメージ図

対面オープンキッチン
(ペニンシュラ設置)

対面オープンキッチン(ペニンシュラ設置) 平面図
対面オープンキッチン(ペニンシュラ設置) イメージ図

対面オープンキッチン
(アイランド設置)

対面オープンキッチン(アイランド設置) 平面図
対面オープンキッチン(アイランド設置) イメージ図

L 型

壁付けキッチン

壁付けキッチン 平面図
壁付けキッチン イメージ図

対面壁付けキッチン

対面壁付けキッチン 平面図
対面壁付けキッチン イメージ図

対面オープンキッチン
(ペニンシュラ設置)

対面オープンキッチン(ペニンシュラ設置) 平面図
対面オープンキッチン(ペニンシュラ設置) イメージ図

ペニンシュラ型

対面オープンキッチン

壁付けキッチン 平面図
壁付けキッチン イメージ図

アイランド型

対面オープンキッチン

対面壁付けキッチン 平面図
対面壁付けキッチン イメージ図

システムキッチンのサイズ(寸法)・
レイアウトの決め方

システムキッチンのサイズ・レイアウトの基本情報が分かれば以下の2点について
考慮をして、サイズ・レイアウトを検討しましょう。

1.どのようなライフスタイルで
キッチンを使いたいかを考える

システムキッチンのサイズ・レイアウトを決める際には、「誰がどのように日々の生活のなかでキッチンを使いたいか」、ご家族のライフスタイルを考えてみましょう。

システムキッチン
使い方(使う人・人数)を考える

キッチンを使うシチュエーションはご家庭ごとに異なります。

例えば、家族や友達など複数人で調理をしたい方もいれば、1人がメインで使うこともあります。また調理中コミュニケーションが取れるレイアウトにしたい人もいれば、調理中は集中したいという方もいるでしょう。様々なシチュエーションが想定される場合は、どのように使うことが多いのか考えておきましょう。

将来の家族構成も見越して考える

家族構成やキッチンの使い方によって、最適なキッチンのレイアウトは変わります。現在の家族構成だけでなく、近い将来に予想できる家族構成の変化も含めてどのようにキッチンを使いたいのかも考慮してみましょう。

家族にとって必要な要素をまとめ、その上でサイズやレイアウトを考えると、より実現したいイメージに近づけます。

2.使いやすく・作業しやすい
キッチンを考える

システムキッチンの
ワークトップの高さについて

身長で選べる3つの高さ!

理想的なシステムキッチンの高さの決め方

ワークトップの高さ

例えば…

  • 身長170センチの場合:90センチ(170÷2+5=90)
  • 身長160センチの場合:85センチ(160÷2+5=85)
  • 身長150センチの場合:80センチ(150÷2+5=80)

使う方の作業しやすい高さに合わせておくことで、より調理がしやすく、使いやすくなります。そのため高さの確認もしっかりと検討しておきましょう。

作業をしやすくする
「ワークトライアングル」とは?

3.6~6.6メートルが理想的

ワークトライアングルとは、コンロ、シンク、冷蔵庫の配置を、右図のように三角形に配置することで、作業のしやすさが向上するシステムキッチンの配置の仕方です。

三辺の合計は3.6~6.6メートルがおすすめです。各辺が長すぎると無駄な動きが多くなってしまいます。 一方で、短すぎると調理や配膳が不便となります。また収納スペースが不足気味とも言えます。

ワークトライアングル

システムキッチンのサイズ(寸法)・レイアウト
に悩んだらお気軽にご相談下さい

システムキッチンのサイズやレイアウトをしっかりと考慮して選べば、毎日の料理がとても行ないやすくなります。もし、サイズやレイアウトを決めかねているのであれば、ショールームへお越し下さい。実際にシステムキッチンを見て頂けるので、よりイメージが固まります。

キッチンを自分で決めるのは難しいと感じたり、「こんなレイアウトができるのかな?」と悩まれたりしたら、ぜひご相談下さい。プロの観点からアドバイスをさせて頂きます。

システムキッチンのサイズ(寸法)・レイアウトに悩んだらお気軽にご相談下さい

商品・リフォームのお問合せ・ご相談

  • ショールーム

    ショールーム

    専門のショールームスタッフがお客様のご要望に応じてご提案致します。住空間全体を考えたトータルコーディネイトのプランニングも可能です。

  • 全国販売店・工務店検索

    全国販売店・工務店検索

    ナスラックの商品を取り扱っている販売店・工務店を全国から検索できます。
    様々な商品を取り揃えて、お客様をお待ちしております。

  • リフォームお問合せ

    リフォームお問合せ

    リフォームに関して不明点や疑問点がありましたらお気軽にお問合せ下さい。お客様のライフスタイルに合ったリフォームをご提案致します。

  • カタログ請求

    カタログ請求

    ナスラックの各種パンフレットや商品カタログをご覧頂けます。
    また、ご希望の方にはパンフレットの送付も承ります。

  • 商品お問合せ

    商品お問合せ

    商品やサービスに関するお問合せ、ご相談を電話やメールで承ります。フリーダイヤル回線を開設しておりますので、お気軽にご連絡下さい。

こだわり抜いたキッチンを提供するナスラック。こちらのページでは、システムキッチンのサイズ(寸法)やレイアウトをもとにした、キッチンの決め方やコツをご紹介しています。一口にシステムキッチンと言っても、その種類は様々。I型、L型といったキッチンの型をはじめ、オープン、クローズドなどのスタイルも踏まえた、理想的なキッチンの決め方をご提案します。さらに詳しく自分に合うキッチンを知りたい方は、ぜひナスラックショールームへお越し下さい。お客様にご満足頂けるまで、アドバイスをさせて頂きます。