よくあるお問合せ集

製品の見分け方や、部品の修理方法に関するお問合せにお答えします。

メンテナンス

開き戸が勝手に開いてしまう場合の対処方法を教えて下さい。

開き戸の「ラッチ(※)」が正しくラッチ受けの枠の中に納まっていない場合、開き戸が完全に閉まらず、開いてしまいます。

ラッチ、丁番を調整し、ラッチが正しくラッチ受けの中に納まるようにして下さい。
ラッチ、丁番を調整しても開き戸が開く場合は、枠、または扉が反っている可能性があります。 掛けがね。かんぬき。ドアが開かないようにする、ドアに組み込まれた金具

■ラッチの調整方法
  • ・ラッチがラッチ受けの前に当たるとき
  • 調整ねじ左回し
  • 調整ねじを左に回してラッチ受けを手前へ移動させます。
  • ・ラッチがラッチ受けの後ろに当たるとき
  • 調整ねじ右回し
  • 調整ねじを右に回してラッチ受けを奥へ移動させます。
■丁番の調整方法
ラッチの調整だけでは改善されない場合にこの方法を取ります。(タイプにより調整方法が異なります。)
  • ・ラッチがラッチ受けの前後に当たるとき
  • ラッチ前後
  • 左へ回すと扉が手前に動き、右へ回すと扉が奥へ動きます。
  • ・ラッチがラッチ受けの上下に当たるとき
  • ラッチ上下
  • 左へ回すと扉が上方向へ動き、右へ回すと扉が下方向へ動きます。
■上下、左右の調整方法
扉の上下、左右、前後調整は図のようにプラスドライバーで行ないます。
・左右の調整
左へ回すと丁番側へ移動、右へ回すとラッチ側へ移動します。
・上下への調整
左へ回すと上がる、右へ回すと下がる。
上下、左右の調整方法

■前後への調整

  • 1. カバーを外します。
  • 2.4本の固定ビ スを少しゆるめます。(固定ビスは外さないでください。)
  • 3. 前後調整カムを回しながら希望の位置で止めます。(前後調整カムは、左右どちらに回 しても問題ありません。)
  • 4. ゆるめた4本の固定ビスを締め込み、固定します。
  • 5. カバーを元のように取り付けます。
前後の調整方法